今回は基本型メガフシギバナの調整・対策を考察していきます。

メガフシギバナは現環境でトップメタのゲッコウガのほとんどの型に強く優秀です。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:フシギバナ

タイプ:くさ・どく

特性:しんりょく・ようりょくそ→あついしぼう

種族値(メガシンカ前): 80-82-83-100-100-80

種族値(メガシンカ後): 80-100-123-122-120-80

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

基本型メガフシギバナの型紹介

技候補

ヘドロばくだん・めざめるパワー炎・やどりぎのタネ・こうごうせい

持ち物

メガストーン

性格

おだやか(D↑A↓)

特性

あついしぼう

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→252-0-108-52-92-4

実数値→187-×-157-149-167-101

調整意図

防御面→攻撃2段階上昇ミミッキュのZシャドークロー確定耐え

特攻→めざめるパワー炎で無振りメガゲンガーの身代わりが50%以上の確率で壊せる&H252ギルガルドの身代わりを確定で壊せるライン

素早さ→ミラー意識の4振り

特防面→上記を満たした上で特殊受けの役割を果たすために残りを全振り

採用理由

・優秀なタイプによる特殊受け
・ゲッコウガ、カプ・コケコに強い
・優秀なサイクル要因

役割対象

ゲッコウガ、カプ・コケコ、カプ・レヒレ、キノガッサ、カミツルギなど

運用方法・特徴

メガフシギバナの特徴は優秀なタイプで他のポケモンには無い受け性能がある点です。

特に型が本当に豊富で対処の難しいゲッコウガのほぼすべての型を一匹で受けることができるのは本当に優秀です。

 

やどりぎのタネや光合成の存在でサイクル性能も非常に高く、特にやどりぎのタネはパーティー全体のサイクル力を高めるので積極的に使っていきましょう。

またやどりぎのタネでの回復量で相手のHPを計算することも重要です。

参考:差が出る!レート対戦で見逃してはいけない情報・豆知識まとめ

 

メガフシギバナは何度も後出しをしてサイクルを回すポケモンで、かつメガ前とメガ後ではかなり性能に差があるので、できるだけ初手で出してメガシンカする意識を持ちましょう。

めざめるパワー炎の枠は、増えているカミツルギを意識していますが、パーティーによってはエナジーボールやギガドレインでもいいかもしれません。

 

またメジャーポケモンにメガボーマンダやカプ・テテフ、メガゲンガーなど苦手なポケモンも多いのでしっかり他のポケモンでカバーする必要があります。

与えるダメージ

ヘドロばくだん

・HP4ミミッキュ→46.5%〜55.7%: 乱数2発 (76.2%)


・HP164ミミッキュ(ABミミッキュ)→40.3%〜48.3%


・無振りメガリザードンX→47.7%〜56.8%: 乱数2発 (84%)


・HP252メガリザードンY→30.8%〜36.2%


・無振りカプ・テテフ→ 78.6%〜92.4%


・HP4メガギャラドス→29.8%〜35.6%


・無振りカプ・コケコ→111.7%〜132.4%


・無振りメガバシャーモ→49%〜58.7%: 乱数2発 (98.8%)


・HP252ポリゴン2→ 23.4%〜28.1%


・無振りゲッコウガ→57.1%〜67.3%


・HP252カプ・レヒレ→57.6%〜68.9%


・HP4メガボーマンダ→40.3%〜47.9%


・HP4霊獣ボルトロス→49%〜58.7%: 乱数2発 (98.8%)


・無振りキノガッサ→139.2%〜165.9%

めざめるパワー炎

・無振りメガメタグロス→34.8%〜41.2%


・HP252テッカグヤ→ 27.4%〜33.3%


・無振りメガゲンガーの身代わり→90.9%〜109%: 乱数1発 (56.3%)


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→25.1%〜29.9%


・無振りメガルカリオ→52.4%〜62%


・HP252ナットレイ→55.2%〜66.2%


・HP252メガクチート→38.2%〜45.8%


・HP4カミツルギ→198.5%〜234%


・特防特化メガハッサム→47.4%〜56.4%: 乱数2発 (71.5%)

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュの剣の舞+Zシャドークロー→83.9%〜99.4%


・攻撃特化霊獣ランドロスのじしん→41.7%〜49.7%


・攻撃特化メガリザードンXのフレアドライブ→60.9%〜71.6%


・攻撃252メガギャラドスの1舞こおりのキバ→52.4%〜62%


・攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブ→54.5%〜65.2%


・攻撃特化メガメタグロスのアイアンヘッド→43.3%〜51.3%: 乱数2発 (5.5%)


・攻撃252ようきメガメタグロスの思念の頭突き→80.2%〜94.1%


・攻撃52いじっぱりメガボーマンダのおんがえし→89.8%〜105.8%: 乱数1発 (31.3%)


・攻撃252ようきメガルカリオのコメットパンチ→45.9%〜54.5%
: 乱数2発 (45.3%)


・攻撃特化テクニシャンキノガッサのがんせきふうじ→23.5%〜27.8%


・攻撃252ようきガブリアスのじしん→35.8%〜42.2%


・攻撃特化メガバンギラスのストーンエッジ→45.4%〜54.5%


・攻撃特化メガガルーラのすてみタックル→56.1%~66.8%


・攻撃252ようきカミツルギのスマートホーン→31%〜37.4%


・攻撃252ようきメガミミロップのおんがえし→36.8%〜43.8%

特殊方面

・特攻特化メガリザードンYのひでり下オーバーヒート→81.2%〜97.3%


・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→63.1%〜74.3%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下Z10万ボルト→34.7%〜41.1%


・特攻252おくびょうゲッコウガのあくのはどう→22.4%〜27.2%


・特攻252おくびょうゲッコウガのれいとうビーム→ 26.7%〜32%


・特攻特化霊獣ボルトロスのわるだくみ+Z10万ボルト→33.6%〜40.1%


・特攻特化ギルガルドのシャドーボール→32%〜38.5%


・特攻252おくびょうメガルカリオのラスターカノン→37.4%〜44.9%


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→35.8%〜43.3%


・特攻特化ヒートロトムのZオーバーヒート→62%〜73.7%

相性のいいポケモン


サイクル性能が高く、メガフシギバナの苦手なポケモンに強いポケモンと相性が良いです。

苦手なメガボーマンダやカプ・テテフに強いサンダーテッカグヤ、メガゲンガーに強いバンギラス(きあいだまに注意)などが相性抜群です。

参考:メガボーマンダに強い物理受け半分回復きのみの調整・対策

参考:クッションとして優秀な腕白きのみテッカグヤの調整・対策

 

またカバルドンに展開されないためにカプ・レヒレゲッコウガなども構築に入れておいたほうがいいかもしれません。

参考:流行の激流ミズZゲッコウガの調整・対策

対策ポケモン


上記でも述べましたが、メガボーマンダカプ・テテフメガゲンガーなどで対策可能です。

参考:HDメガボーマンダの調整・対策

 

またダメージ計算からわかるようにメガリザードンXメガバシャーモなどの高火力物理アタッカーでも突破できます。

特にメガリザードンXはメガフシギバナを絡めたサイクルにかなり強く優秀です。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ