今回はZテクスチャーポリゴンZの調整・対策を考察していきます。

ZテクスチャーポリゴンZの課題をある程度解決した型ですので、かなりの抜き性能があります。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ポリゴンZ

タイプ:ノーマル

特性:てきおうりょく・ダウンロード・アナライズ

種族値: 85-80-70-135-75-90

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

ZテクスチャーポリゴンZの型紹介

技候補

10万ボルト・れいとうビーム・テクスチャー・自己再生

持ち物

ノーマルZ

性格

ずぶとい

特性

てきおうりょく

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→4-0-236-68-4-196

実数値→161-×-132-164-96-135

調整意図

HP→4n+1

防御→攻撃特化メガボーマンダのすてみタックル耐え
防御+1段階の時、ABミミッキュのぽかぼかフレンドタイム+じゃれつく+かげうち耐え

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

すばやさ→すばやさ1段階上昇で130族抜き抜き

特攻&特防→余り

採用理由

・非常に高い抜き性能
・ミミッキュで止まりにくい積みアタッカー

運用方法・特徴

ZテクスチャーのポリゴンZは抜き性能が恐ろしく高いですが、ミミッキュに止められることや単体では積む前にやられてしまうことなどが課題でした。

そこで、物理耐久に努力値を大幅に割くことでミミッキュに対してかなり強くなり、またメガボーマンダなどの前でZテクスチャーを安全に積むことが可能になりました。

 

ASゴーストZミミッキュに対しては、ゴーストZ+かげうちを余裕を持って耐えるので止められることはありません。

ABミミッキュに対してもぽかぼかフレンドタイム+じゃれつく+かげうちを耐えるので、かなり安定していますが、皮なしABミミッキュを1発で落とすためにもステルスロックがあると便利です。

 

メガボーマンダやメガリザードンと対面したときも、防御のランク補正±0で攻撃特化すてみタックルやフレアドライブを耐えることができ、テクスチャー後はメガボーマンダの1舞じしんも耐えることができるので、テクスチャーZが安定となります。

 

これだけ耐久に努力値を割いても十分な火力があるのもこのポケモンの強みですね。

ただし、耐久調整は体力MAXの状態を想定しているので自己再生によって体力を管理するのが非常に大事です。

与えるダメージ

※特攻1段階上昇として計算しています。

10万ボルト

・HP4ミミッキュ102.2%〜120.6%


・HP164ミミッキュ(ABミミッキュ)→88.7%〜104.6%: 乱数1発 (25%)


・無振りカプ・テテフ→85.5%〜102%: 乱数1発 (12.5%)


・無振りカプ・コケコ(エレキフィールド下)→90.3%〜106.8%: 乱数1発 (43.8%)


・無振りメガバシャーモ→120.6%〜143.2%


・無振りメガメタグロス→92.9%〜110.3%: 乱数1発 (56.3%)


・HP252ポリゴン256.7%〜67.1%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→65.2%〜77.8%


・無振りメガゲンガー→120.7%〜142.9%


・HP252メガゲンガー→97.6%〜115.5%: 乱数1発 (87.5%)


・特防特化ヒードラン→55%〜65.1%


・HP4メガガルーラ→86.1%〜101.6%: 乱数1発 (12.5%)


・HP252メガガルーラ→ 73.5%〜86.7%


・HP252メガクチート→103.8%〜122.9%

れいとうビーム

・HP252カバルドン→83.7%〜99.5%


・無振りアーゴヨン→ 121.6%〜143.2%


・HP4霊獣ボルトロス→108.3%〜127.7%

受けるダメージ

※Zテクスチャー後として計算しています(電気タイプ、防御&特防1段階上昇)

物理方面

ABミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→48.4%〜57.7%


ABミミッキュのじゃれつく→22.9%〜27.9%


ABミミッキュのかげうち→9.9%〜13%


・攻撃特化ミミッキュのZシャドークロー→39.1%〜46.5%


・攻撃特化メガリザードンXのフレアドライブ→55.9%〜65.8%


・攻撃特化メガバシャーモのとびひざげり→54%〜63.9%


・攻撃252ようきメガメタグロスのじしん→47.2%〜55.9%


・攻撃特化メガボーマンダの1舞じしん→77%〜91.9%

※攻撃特化メガボーマンダのすてみタックル(Zテクスチャー前)→82.6%〜97.5%


・攻撃252ようきガブリアスのじしん→64.5%〜78.2%


・攻撃特化メガガルーラのすてみタックル→52.1%~61.4%

特殊方面

・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→65.8%〜78.2%


・特攻特化ギルガルドのシャドーボール→43.4%〜52.1%


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→49%〜58.3%


・無振りヒードランのだいちのちから→44%〜52.1%


・特攻特化ウルガモスの1舞だいもんじ→82.6%〜97.5%

相性のいいポケモン


ステルスロックを撒けてがんせきふうじで起点を作れるきあいのタスキ霊獣ランドロスなどのタスキポケモンと相性が良いです。

ただしポリゴンZが構築にいたら相手は積み構築を警戒して、初手の起点作りを意識してくるので注意して構築を作っていきたいです。

参考:先発のステルスロック要員のポケモンを考察

対策ポケモン


Zテクスチャーを積んでからのポリゴンZを止められるポケモンはかなり少ないです。

タイプで受けるのであれば、ドリュウズメガフシギバナマンムーなどで止めることができます。

 

ただしわるだくみ+ノーマルZ(さわぐZ)のポリゴンZも存在するので、立ち回りにはかなり注意したいです。

参考:身代わり悪だくみポリゴンZの調整・対策


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ