今回はヒコウZギャラドスの調整・対策を考察していきます。

ヒコウZギャラドスは通常のメガギャラドスと相手にできるポケモンが真逆と言っていいくらい違うので、考慮して立ち回らないと止められなくなります。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ギャラドス

タイプ:ひこう・みず

特性:いかく・じしんかじょう

種族値: 95-125-79-60-100-81

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

飛行Zギャラドスの型紹介

技候補

とびはねる・たきのぼり・挑発・龍の舞

持ち物

ヒコウZ

性格

ようき

特性

威嚇

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→4-252-0-0-0-252

実数値→171-177-99-×-120-146

調整意図

崩し性能・抜き性能をともに上げるためにAS252振り。

陽気なのは1舞で130族を抜くため。

採用理由

・崩し性能
・抜き性能
・意表をつける

役割対象

フシギバナ、ナットレイ、カミツルギ、カプ・レヒレ、カプ・ブルル、スイクン、ドヒドイデ、モロバレルなど

運用方法・特徴

ヒコウZギャラドスは受けに来るポケモンを返り討ちにできるのが特徴です。

フシギバナやナットレイなどの草タイプや、カプ・レヒレなどの水タイプは通常の型のメガギャラドスに強いので、よく後出ししてきます。

参考:後出しに便利な半分回復きのみナットレイの調整・対策

そこに龍の舞+ヒコウZがかなり刺さります。

 

草タイプや、ドヒドイデなどの水タイプにありがちなやっかいな補助技も挑発があるおかげで対処できるので、受けポケモンに対してかなり強く出ることができます。

地震しか攻撃技のないカバルドンを挑発で無力化できるのも優秀な点です。

 

受けに来るポケモンでも、ヒコウZだけで落とせるポケモン、1回舞えば落とせるポケモン、2回まわないと落とせないポケモンなど様々ですので、しっかり後述のダメージ計算を確認しておきましょう。

また、ドヒドイデやスイクンにはタイプ的には強いものの、熱湯でやけどにされる可能性も高いため注意が必要です。

与えるダメージ

攻撃1段階上昇たきのぼり

・いかく込み(攻撃ランク±0)防御特化霊獣ランドロス→52%〜62.2%


・防御特化カバルドン→59.5%〜70.6%


・無振りカプ・コケコ→78.6%〜93.1%


・無振りメガメタグロス→45.1%〜54.1%: 乱数2発 (40.6%)


・HP4霊獣ボルトロス→85.8%〜101.2%: 乱数1発 (6.3%)


・HP252テッカグヤ→47.5%〜56.3%: 乱数2発 (85.2%)


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→41.9%〜50.2%: 乱数2発 (0.39%)


・HP252ヒードラン→ 96.9%〜115.1%: 乱数1発 (87.5%)

とびはねるZ

・無振りメガリザードンX→80.3%〜94.7%


・HP252防御116メガリザードンY→76.7%〜90.8%


・無振りアーゴヨン→115.5%〜136.4%


・無振りカプ・テテフ→116.5%〜137.2%


・防御特化ポリゴン2→35.9%〜42.7%


・無振りゲッコウガ→125.1%〜147.6%


・HP252カプ・レヒレ→66.6%〜79.6%


・いかく込HP4メガボーマンダ→42.1%〜49.7%


・無振りメガゲンガー→118.5%〜140%


・HP252メガゲンガー→95.8%〜113.1%: 乱数1発 (75%)


・HP252ナットレイ→58.5%〜69.6%


・無振りガブリアス→75.9%〜90.1%


・HP4メガガルーラ→73.4%〜86.7%


・HP252メガガルーラ→62.7%〜74%


・HP252メガフシギバナ119.7%〜142.2%


・HP252カプ・ブルル133.3%〜159.3%


・防御特化モロバレル106.7%〜127.6%


・無振りカミツルギ→79.1%〜94%


・防御特化スイクン→42.5%〜50.7%


・防御特化ドヒドイデ→45.8%〜54.1%

攻撃1段階上昇とびはねるZ

・無振りメガリザードンX→119.6%〜141.1%


・HP252防御116メガリザードンY→104.3%〜123.2%


・防御特化ポリゴン2→ 53.1%〜63%


・HP252カプ・レヒレ100.5%〜118.6%


・いかく込(攻撃ランク±0)HP4メガボーマンダ→93.5%〜110.5%: 乱数1発 (62.5%)


・HP252ナットレイ87.8%〜103.3%: 乱数1発 (25%)


・無振りガブリアス→113.6%〜134.4%


・HP4メガガルーラ→109.9%〜129.8%


・HP252メガガルーラ→93.8%〜110.8%: 乱数1発 (62.5%)


・無振りカミツルギ118.6%〜139.5%


・防御特化スイクン→62.8%〜74.3%


・防御特化ドヒドイデ→68.7%〜80.8%

攻撃2段階上昇とびはねるZ

・防御特化ポリゴン2→70.8%〜84.3%


・HP252ナットレイ116.5%〜138.1%


・防御特化スイクン→84.5%〜100%: 乱数1発 (6.3%)


・防御特化ドヒドイデ91.7%〜107.6%: 乱数1発 (50%)

受けるダメージ

物理方面

※威嚇こみで計算しています

・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→65.4%〜77.7%


・攻撃特化ミミッキュのZシャドークロー→49.1%〜57.8%


・攻撃252霊獣ランドロスのがんせきふうじ→35%〜42.1%


・攻撃特化メガリザードンXのげきりん→63.1%〜74.2%


・攻撃特化メガバシャーモのとびひざげり→30.4%〜36.2%


・攻撃特化メガバシャーモのかみなりパンチ→95.9%〜114.6%: 乱数1発 (81.3%)


・攻撃特化メガボーマンダのすてみタックル→69%〜82.4%


・攻撃特化テクニシャンキノガッサのがんせきふうじ→ 53.8%〜64.3%


・攻撃特化メガクチートのじゃれつく→69%〜81.2%


・攻撃特化メガガルーラのすてみタックル→64.3%~76.6%

特殊方面

・特攻特化メガリザードンYのひでり下だいもんじ→52.6%〜61.9%


・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→95.3%〜112.8%: 乱数1発 (75%)


・特攻252おくびょうアーゴヨンのヘドロウェーブ→47.3%〜56.1%


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→74.2%〜88.3%


・特攻252おくびょう変幻自在ゲッコウガのれいとうビーム→38.5%〜45.6%


・特攻特化カプ・レヒレのムーンフォース→42.6%〜50.8%: 乱数2発 (2.7%)


・特攻特化ギルガルドのシャドーボール→49.1%〜58.4%: 乱数2発 (98.4%)


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→54.9%〜65.4%


・特攻特化アシレーヌのムーンフォース→50.8%〜60.2%

相性のいいポケモン


草タイプや水タイプを選出させることのできるポケモンと並べておけば、ヒコウZギャラドスは活躍しやすいです。

草タイプを呼びたければキノガッサ、水タイプを呼びたければカバルドンなどと組ませるとある程度の選出誘導ができます。

参考:カバマンダガルドにおける起点作成きのみカバルドンの調整・対策

対策ポケモン


相手をすると、ヒコウZギャラドスかメガギャラドスかわからないことがほとんどですので、どちらにも勝てることが重要です。

どちらにも勝てることを考慮すると、ABミミッキュスカーフカプ・コケコ物理受けポリゴン2辺りが対策として有力です。

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

 

ABミミッキュで対策する場合、アイアンヘッドを持っているメガギャラドスもいることに注意しましょう。

参考:アイアンヘッドメガギャラドスの調整・対策


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ