今回はオボンのみと半分回復きのみの違いや役割・使い方を考察していきます。

きのみ、特に半分回復きのみは恐ろしく強い性能を持っているアイテムですので、使い方を把握しておきましょう。

それでは見ていきましょう!

それぞれのきのみの役割は?

まずはオボンのみと半分回復きのみの役割をそれぞれみていきます。

オボンのみの役割


オボンのみはHPが2分の1以下になった時に体力を4分の1だけ回復するきのみです。

主な役割は、確定2発の攻撃を確定3発にすることです。

 

普通であれば50%以上の攻撃を受ければ2発で落とされてしまいますが、50%以上でもある程度までなら2発耐えることを可能にしてくれます。

体力満タンからダメージを受けることを考えますと、オボンの実込みで体力は125%あるということですので、50%~62.5%までのダメージ量の技であれば2発耐える事が可能になります。

 

ダメージ量が50%未満である場合はオボンの実は発動しませんが、もともと確定3発なので問題ありません。

つまりオボンの実は0%~62.5%までの攻撃を2発耐えられるようにするためのきのみなのです。

半分回復きのみの役割


マゴのみやイアのみなどの半分回復きのみは体力が4分の1になった時に2分の1だけ回復するきのみです。

主な役割は、後出しできる回数を増やすことと役割集中(物理受けを物理アタッカー複数で無理やり削るなど)を防ぐことです

 

半分回復きのみナットレイとテクニシャンキノガッサを例に役割をみてみましょう。

参考:後出しに便利な半分回復きのみナットレイの調整・対策

 
例)


相手がキノガッサを初手で出してきて、出し負けてしまったとします。

こんな時のためにあなたはナットレイを選出しておいたので、キノガッサに対して後出しします。

キノガッサ側はそれを読んでマッハパンチをうって来ました。

これでナットレイには(キノガッサが攻撃特化の場合)41.1%〜50%のダメージ。

キノガッサ側はこれじゃあマッハパンチもう一発で倒せないので交代するとします。

そしてまたサイクルを回しているうちにキノガッサにもう一回ナットレイを後出ししたい状況になりました。

ナットレイの持ち物がもしも食べ残しだった場合は、もう一回読まれてマッハパンチを撃たれてしまうと受けきることができなくなってしまいます。

しかし半分回復きのみであれば、マッハパンチを受けても半分回復きのみが発動してもう一回マッハパンチを耐えられるようになります。

おかげで安心して後出しができました。


 

これが半分回復きのみの1つ目の役割の後出し回数を増やす例です。

ただし後出しできるのはもともと2回攻撃を耐えられるときだけなので注意しましょう。

 
例)


では、キノガッサ側が一回目のサイクルで、倒せはしないけどもう一度マッハパンチを撃ってきたとします。

これはキノガッサを捨ててもいいから裏のアタッカー(ミミッキュなど)の圏内までナットレイを削ろうという目的です。

食べ残しであればナットレイはミミッキュの圏内まで削られていましたが、マッハパンチを受けた後に半分回復きのみが発動するので、対ミミッキュで役割を持てるぐらいのダメージを確保できています。

これで物理アタッカーで無理やり役割を遂行できなくされる、つまり役割集中を防ぐことができました。


 

これが半分回復きのみの2つ目の役割です。

また他にも単純に確定3発の攻撃を確定4発にして後出しから2回の行動を確保するという役割や、Z技(もしくはオーバーヒートや流星群)+普通の攻撃を耐えられるようになるという役割、耐久を上げる積み技を持ったポケモンの回復ソースとなる役割などもあります。

2種類のきのみをどう使い分ける?


ここまで2種類のきのみの役割を見てきましたが、最後にどう使い分けるべきなのかを解説していきます。

 

オボンの実は体力満タンから2回行動したい時に持たせたいアイテム、つまり後出しはあまりしないポケモンに持たせたいアイテムです。

もしくは後出しから1回の行動を確保したい時に持たせたいアイテムですね。

 

対して半分回復きのみはサイクル戦で消耗しないために持たせたいアイテム、つまりよく後出しをするポケモンに持たせたいアイテムです。

また半分回復きのみは鬼火やリフレクター、めいそうなどと組み合わせることで大きな力を発揮します。

それらの技を使う際は半分回復きのみは大きな持ち物候補ですので、意識しておくといいでしょう。

 

ただし半分回復きのみはオボンの実と違って非常に繊細なアイテムで、うまく立ち回らないと発動しないままになるのできっちり調整などを意識する必要があります。

個人的には半分回復きのみはサイクル戦をするなら最強レベルに強いアイテムだと思っていますが、どちらのきのみにも強みはあるので、しっかりそのポケモンに合ったきのみを使うようにしましょう。

ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ