今回はフェザーダンス持ちメガピジョットの調整・対策を考察していきます。

このメガピジョットは対ミミッキュにおいてかなり優秀ですので、しっかり型を把握しておきましょう。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ピジョット

タイプ:ノーマル・ひこう

特性:するどいめ・ちどりあし・はとむね→ノーガード

種族値(メガ前): 83-80-75-70-70-101

種族値(メガ後): 83-80-80-135-80-121

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

フェザーダンスメガピジョットの型紹介

技候補

ぼうふう・フェザーダンス・みがわり・はねやすめ

持ち物

メガストーン

性格

おくびょう(A↓S↑)

特性

ノーガード

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→4-0-252-0-0-252

実数値→159-×-132-155-100-190

調整意図

防御→ミミッキュのぽかぼかフレンドタイムを耐えるため、特攻無振りでもぼうふうの火力が出るため252振り

すばやさ→メガボーマンダを抜くために最速

採用理由

・対ミミッキュ
・対物理アタッカー

役割対象

ミミッキュ・メタグロス・ギャラドス・ボーマンダ・クチートなどの物理アタッカー

運用方法・特徴

このメガピジョットは対ミミッキュをかなり強く想定した型です。

ぽかぼかフレンドタイムを耐えることと、ノーマルタイプであることによりかげうちが無効なことからかなり安定して受けることができます。

 

ミミッキュ側がつるぎのまいをしてきたとしても、つるぎのまいを見てからフェザーダンスでしっかり対処できるのでかなり強いです。

つるぎのまいとフェザーダンスの押し合いになったらPP勝負で負けてしまうので、勝てる可能性を増やすためにフェザーダンスのPPはしっかり増やしておきましょう。

 

ダメージ計算を見てもらえば分かりますが、特攻無振りでもぼうふうでABミミッキュが確定2発なので、無振りでもしっかり火力を出せます。

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

 

また速いすばやさからのフェザーダンスはかなり強くさまざまな物理アタッカーを相手にすることができ、無理矢理みがわりを残すことも可能です。

対特殊アタッカーはかなり不安が残るので、特殊アタッカーを相手にしないように注意しましょう。

与えるダメージ

ぼうふう

・HP4ミミッキュ→59.5%〜70.9%


・HP164ミミッキュ(ABミミッキュ)→ 51.6%〜61.5%


・HP252霊獣ランドロス→49.4%〜58.6%: 乱数2発 (99.61%)


・無振りメガリザードンX→ 60.7%〜71.2%


・HP252メガリザードンY→ 38.9%〜45.9%


・HP252カバルドン→ 48.8%〜57.6%: 乱数2発 (95.3%)


・無振りアーゴヨン→69.5%〜83.1%


・無振りカプ・テテフ→49.6%〜58.6%: 乱数2発 (99.61%)


・HP4メガギャラドス→38.5%〜45.6%


・無振りメガバシャーモ→ 125.1%〜148.3%


・HP252ポリゴン2→29.6%〜34.8%


・HP252カプ・レヒレ→37.2%〜44%


・HP4メガボーマンダ→51.4%〜61.4%


・無振りメガルカリオ→74.4%〜87.5%


・HP252ナットレイ→39.7%〜46.9%

受けるダメージ

物理方面

※フェザーダンス1回でダメージがこれの半分、2回で3分の1、3回で4分の1として計算してください。

・攻撃特化ミミッキュのじゃれつく→37.7%〜45.2%


・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→79.8%〜94.3%


・攻撃無振り霊獣ランドロスのがんせきふうじ→36.4%〜44%


・攻撃特化メガリザードンXのげきりん→84.9%〜100%: 乱数1発 (6.3%)


・攻撃252メガギャラドスのこおりのキバ→ 49%〜57.8%


・攻撃特化メガバシャーモのとびひざげり→ 81.1%〜96.2%


・攻撃252ようきメガメタグロスのれいとうパンチ→70.4%〜83%


・攻撃特化のメガボーマンダのすてみタックル→83.6%〜98.7%


・攻撃252ようきメガルカリオのインファイト→85.5%〜100.6%: 乱数1発 (6.3%)


・攻撃特化テクニシャンキノガッサのがんせきふうじ→65.4%〜77.9%


・攻撃252ようきガブリアスのげきりん→58.4%〜69.8%


・攻撃特化メガクチートのじゃれつく→83.6%〜98.7%

特殊方面

・特攻特化メガリザードンYのひでり下だいもんじ→136.4%〜161%


・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→123.2%〜145.9%


・特攻252おくびょうアーゴヨンのヘドロウェーブ→60.3%〜71.6%


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→96.2%〜113.2%: 乱数1発 (75%)


・特攻特化ギルガルドのラスターカノン→64.1%〜75.4%


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→ 70.4%〜83.6%


・無振りヒードランのふんえん→42.1%〜50.9%

対策ポケモン


基本的に特殊アタッカーで対処可能です。

特にメガピジョットの上から行動できて、ほぼ一撃で倒すことのできるカプ・コケコ、ゲッコウガ、スカーフカプ・テテフなどで安定して対策できます。

参考:流行の激流ミズZゲッコウガの調整・対策

 

ノーガードを利用して、スカーフドリュウズやスカーフカミツルギでつのドリルやハサミギロチンを撃つのも対策としてベターですね。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ