今回は身代わり+吠えるスイクンの調整・対策を考察していきます。

吠えるを持つことにより、相手の吠えるの上から吠えることができるのでかなり身代わりを残しやすくなっています。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:スイクン

タイプ:みず

特性:プレッシャー

種族値: 100-75-115-90-115-85

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

吠える+身代わりスイクンの型紹介

技候補

熱湯・みがわり・吠える・まもる

持ち物

たべのこし

性格

ずぶとい

特性

プレッシャー

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→236-0-204-4-4-60

実数値→205-×-204-111-136-113

調整意図

HP→身代わりが地球投げを確定耐え

防御→無振りカバルドンの地震を確定耐え

すばやさ→準速ギルガルド、ポリゴン2抜き

特攻、特防→余り

採用理由

・カバルドンメタ
・対受けポケモン
・ステルスロック+吠えるによる削り

役割対象

カバルドン、ラッキー、エアームド、(電気技の無い)ポリゴン2、テッカグヤなど

運用方法・特徴

身代わり+吠えるスイクンは受けポケモンなどの有利対面で身代わりを残して、吠える+ステルスロックで相手のパーティー全体を削るポケモンです。

有利対面で身代わり→身代わりを壊すポケモンに交代される→身代わりを壊されたタイミングで吠える→スイクンに弱いポケモンが出てくる→有利対面で身代わり、という動きを繰り返していくことでステルスロックダメージをどんどん蓄積させていくことができます。

 

そのためこのスイクンを使う場合の構築は、ステルスロック要員+このスイクン+削ったポケモンを一気に抜いていくエースという構築になることが多いです。

ステルスロックが無いと吠えるによって負担をかけることができないので、このスイクンを出す前にステルスロックを撒いておくのはほぼ必須です。

 

吠えるという技はは特にカバルドンの前で身代わりを残した際に、カバルドンがふきとばし(吠える)をしてくるタイミングでスイクンが吠えることで、カバルドンよりも先に吠えることができるため身代わりを吹き飛ばされないという強みがあります。

身代わりはカバルドンやテッカグヤ、(電気技のない)ポリゴン2などの前で安定して貼ることができます。

 

かなり性能の高いポケモンですが高速高火力アタッカーなどには弱いので、見せあいの段階でしっかり出していけるかを検討しましょう。

このスイクンの役割対象を呼びやすいポケモン(メガボーマンダなど)と組み合わせるとかなり出しやすくなるのでオススメです。

与えるダメージ

ねっとう

・HP252霊獣ランドロス→ 52%〜62.2%


・HP252カバルドン→51.1%〜61.3%


・無振りメガバシャーモ→65.8%〜78.7%


・HP252ポリゴン2→15.6%〜18.7%


・HP252テッカグヤ→20.5%〜25%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→17.9%〜21.5%


・HP252エアームド→ 33.1%〜38.9%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化霊獣ランドロスの地震→ 33.6%〜40%


・攻撃252メガギャラドスの地震→ 21.9%〜25.8%


・無振りカバルドンの地震→20.4%〜24.8%


・無振りエアームドのドリルくちばし→12.1%〜15.1%


・無振りテッカグヤのヘビーボンバー→ 11.7%〜13.6%


・無振りアナライズポリゴン2のおんがえし→ 20.9%〜25.3%


・無振りナットレイのタネマシンガン(一発)→9.7%〜12.6%

特殊方面

・無振りテッカグヤのエアスラッシュ→19.5%〜23.4%


・無振りポリゴン2のほうでん→27.3%〜33.1%


・特攻252ゲッコウガの悪の波動→25.3%〜30.7%


・無振りモロバレルのギガドレイン→32.1%〜39%


・無振りヒードランのだいちのちから→18.5%〜21.9%


・特攻特化ギルガルドのシャドーボール→36.5%〜42.9%

相性のいいポケモン


抜きエースかつポリゴン2などを誘いやすいメガボーマンダメガメタグロス、高速高火力アタッカーのメガゲンガーなどと相性が良いです。

またステルスロック要員にはたすき霊獣ランドロスなどと相性が良いです。

ステルスロック要員に関してはこちらで詳しく解説しています↓

参考:先発のステルスロック要員のポケモンを考察

対策ポケモン


カプ・コケコなどの高速高火力アタッカー、スイクンから有効打のない挑発持ちのカプ・レヒレ、身代わりを貼る前にどくどくを入れることのできるサンダーなどで対策が可能です。

参考:初手性能の高いリフレクターカプ・コケコの調整・対策

ただしとつげきチョッキ型や水Z型など対面性能の高いスイクンもいるので注意しましょう。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ