S8の上位構築で使われているポケモンは?


今回はポケモンのレート対戦S8の1位~50位の構築に入っていたポケモンの数を調査しました。

S7ではゲッコウガやカミツルギがかなり多かったですが、S8ではどのポケモンがよく使われていたのでしょうか?

結果を見た後、その結果を踏まえてしっかり考察もしていきます!

それでは見ていきましょう!

調査結果

【使用数14】

ミミッキュ

【使用数13】

霊獣ランドロス

【使用数12】

メタグロス、ゲッコウガ

【使用数11】

カプ・テテフ

【使用数10】

ゲンガー

【使用数9】

カバルドン、リザードン

【使用数7】

カプ・レヒレ

【使用数6】

ウルガモス、ボーマンダ、ポリゴン2、ギルガルド

【使用数5】

テッカグヤ

【使用数4】

ガルーラ、ヒードラン

【使用数3】

オニゴーリ、ミミロップ、マンムー、クチート、バシャーモ、キノガッサ、カミツルギ、ヒートロトム、カプ・コケコ、バンギラス、カビゴン

【使用数2】

フシギバナ、ハッサム、サンダー、ギャラドス、シャンデラ、ジャラランガ、ラティアス、グライオン、アーゴヨン、ナットレイ

【使用数1】

サザンドラ、デンジュモク、化身ボルトロス、霊獣ボルトロス、ラプラス、ポリゴンZ、ソーナンス、ジャローダ、アシレーヌ、スイクン、ドリュウズ、エンペルト、チルタリス、ウォッシュロトム、フーディン、ムウマージ、ジバコイル、ピジョット、ガブリアス、ニョロトノ、ラグラージ、ラティオス、エアームド

メガリザードン軸の復権


S8ではS7のときと比べてメガリザードン軸が結果を残しています。

その理由は、S7でのメガリザードン軸は激流水Zゲッコウガの存在によりかなり動きにくかったですが、S8では激流水Zゲッコウガ対策のポケモン(フシギバナ、スイクン、カプ・レヒレ、ナットレイなど)が増えていたので、激流水Zゲッコウガは以前より数を減らしました。

 

そのおかげでメガリザードン軸は以前ほどの動きにくさはなくなったためだと考えています。

ただ、メガリザードン軸はそこまでボーマンダ軸には強くないことから、これからも環境に多く存在するであろう並びのカバマンダガルドには注意して構築を組んでいきたいです。

参考:HBメガリザードンYの調整・対策

カビゴンのポテンシャルの高さ


カビゴンは使用数は3とそこまで多くないものの、最上位の構築に入るポテンシャルを持っていることが再確認できたシーズンでした。

サンムーンの環境に入ってS1の頃からカビゴンは結果を残していたポケモンでしたが、なぜかそこまで数を増やしませんでした。

 

S8のレート1位の方がカビゴンを使っていたことから、S9では今までよりもカビゴンが増える厄介なシーズンになるかもしれないので、パーティーにしっかり対策を仕込んでおきたいです。

参考:要塞のろいリサイクルカビゴンの調整・対策

電気タイプがかなり少ない

S8ではなぜか電気タイプ(カプ・コケコ、サンダー、霊獣ボルトロス、ヒートロトムなど)が上位構築では非常に少なくなっていました。

電気タイプは環境に非常に多い地面タイプ(カバルドン、ランドロスなど)に強くないことが環境的に逆風なのでしょうか。

 

個人的にはじしん+3補助技のカバルドンを起点にできるちょうはつ霊獣ボルトロスなどは、カバマンダガルドに弱くないことから活躍できるチャンスはあると思っています。

ただこおりのキバやがんせきふうじを持ったカバルドンもいるので注意して立ち回りたいです。

参考:耐久調整をした電気Z霊獣ボルトロスの調整・対策

まとめ

S8はミミッキュや霊獣ランドロス、ゲッコウガと言ったPGLのランキングで上位のポケモンが上位構築でも多く使用されていました。

ですのでレート対戦では、PGLで上位の使用率のポケモンを意識して構築を組めば、どのレート対戦でもいい勝率を出せるということになります。

 

S9ではそれらのポケモン+上位構築で活躍したポケモン(カビゴン、ミミロップなど)を意識して構築を組むといいかもしれません。

ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ