今回は生意気おんがえしポリゴン2の調整・対策を考察していきます。

現環境では特殊受けのポリゴン2はかなり強いので、これから採用数も上がってくることが予想されます。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ポリゴン2

タイプ:ノーマル

特性:ダウンロード トレース アナライズ

種族値: 85-80-90-105-95-60

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

生意気ポリゴン2の型紹介

技候補

おんがえし・ほうでん・れいとうビーム・自己再生

持ち物

しんかのきせき

性格

なまいき

特性

アナライズ

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→244-4-4-4-252-0

実数値→191-101-111-126-161-72

調整意図

HP→16n-1

特防→アーゴヨン、水Zゲッコウガに強くなるために252振り

他→残り

採用理由

・特殊受け
・起点回避

役割対象

アーゴヨン、カプ・テテフ、ウルガモス、ゲッコウガなどの特殊アタッカー

運用方法・特徴

この生意気おんがえしポリゴン2は特殊アタッカーにとことん強い型です。

流行りのアーゴヨンや激流水Zゲッコウガの影響で、物理受けのポリゴン2ではそれらの高火力特殊アタッカーに崩されてしまうことが多くなっていました。

参考:流行の激流ミズZゲッコウガの調整・対策

参考:予想外の耐久のHDアーゴヨンの調整・対策



そこで特殊受けポリゴン2の需要が増えています。環境への刺さりもかなりいいです。

ウルガモスやカプ・テテフにもアナライズおんがえしで確定2発が取れているので非常に強く、特殊アタッカーではわるだくみZ霊獣ボルトロス以外にはかなり安心して受けることができます。



ただし物理耐久を大幅に削ったので、ミミッキュのつるぎのまい+ぽかぼかフレンドタイムを耐えなかったり、メガメタグロスにアイアンヘッドで無理やり突破される機会は増えるので物理受けのポケモンとともに選出するようにしましょう。

技に関してですがなぜ電気技がほうでんなのかは、10万ボルトにしても確定数が変わらないことやはねやすめ連打に強いことなどからです。

与えるダメージ

おんがえし

・無振りカプ・テテフ55.8%〜66.2%


・無振りカプ・コケコ→50.3%〜60%


・HP4振りウルガモス55.9%〜65.8%

れいとうビーム

・HP252霊獣ランドロス→ 114.2%〜134.6%


・無振りメガリザードンX→34.6%〜41.1%


・HP252カバルドン→56.7%〜66.9%


・無振りアーゴヨン→81%〜95.9%


・HP252メガボーマンダ→100.9%〜118.8%


・HP4霊獣ボルトロス→72.2%〜85.1%


・無振りガブリアス→115.8%〜137.7%

ほうでん

・HP252メガリザードンY→40%〜47.5%


・HP4メガギャラドス→39.7%〜46.7%


・無振りゲッコウガ→ 74.8%〜88.4%


・HP252カプ・レヒレ→38.4%〜45.1%


・HP252テッカグヤ→40.1%〜48%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→53.4%〜62.8%


・攻撃252メガギャラドスの1舞たきのぼり→43.9%〜52.3%


・攻撃252ようきメガメタグロスのアイアンヘッド→36.6%〜43.9%


・攻撃252メガボーマンダのすてみタックル→ 50.7%〜60.2%


・攻撃特化ギルガルドのせいなるつるぎ→71.2%〜84.8%

特殊方面

・特攻特化メガリザードンYのひでり下だいもんじ→47.6%〜56.5%


・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→42.9%〜50.7%


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→33.5%〜39.7%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下Z10万ボルト→47.6%〜56.5%


・激流補正有り特攻252おくびょうゲッコウガのZハイドロカノン→57%〜67.5%


・特攻特化カプ・レヒレのZハイドロポンプ→ 36.6%〜43.9%


・特攻特化霊獣ボルトロスのわるだくみ+Z10万ボルト→93.1%〜109.9%


・特攻特化ウルガモスの1舞だいもんじ→41.3%〜49.2%


・特攻特化アシレーヌのわだつみのシンフォニア→47.1%〜55.4%

相性のいいポケモン


生意気ポリゴン2の苦手な物理アタッカーに強いカバルドン、ナットレイ、モロバレルなどと相性がいいです。

参考:後出しに便利な半分回復きのみナットレイの調整・対策

参考:サイクル性能の高いモロバレルの調整・対策

物理受け+生意気ポリゴン2でうまく相手を詰ませていきたいです。

対策ポケモン


生意気ポリゴン2は特殊受けなので、高火力物理アタッカーで対策可能です。

格闘技はもちろん、ミミッキュのつるぎのまい+ぽかぼかフレンドタイムやメガメタグロスのアイアンヘッド、メガリザードンXのフレアドライブなどでも押し切ることが可能です。

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

ただし選出画面ではポリゴン2の調整はかなり分かりにくいので、試合中のダメージ量から物理受けか特殊受けか判断することが大切です。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ