今回は、クッションとして優秀なわんぱくきのみテッカグヤの調整・対策を考察していきます。

このテッカグヤがいるだけでパーティーの安定感が大幅に増します。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:テッカグヤ

タイプ:はがね・ひこう

特性:ビーストブースト

種族値: 97-101-103-107-101-61

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

腕白きのみテッカグヤの型紹介

技候補

ヘビーボンバー・かえんほうしゃ・やどりぎのタネ・まもる・(どくどく)

持ち物

バンジのみ

性格

わんぱく

特性

ビーストブースト

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→252-4-132-0-84-36

実数値→204-122-154-114-132-86

調整意図

・ミミッキュのつるぎのまい+シャドークロZ確定耐え&きのみ発動

・カプ・テテフのサイコキネシスほぼ3耐え

・ミラー意識のすばやさ36振り(36振りはかなりメジャーになってきているので、44振りでもいいかもしれない)

採用理由

・構築のクッション
・物理、特殊両方に強い
・優秀なタイプ

役割対象

ミミッキュ、カプ・テテフ、ランドロス、ガブリアスなど

運用方法・特徴

わんぱくきのみテッカグヤの特徴は、受けだし性能が非常に高くアタッカーのミミッキュやカプ・テテフ、霊獣ランドロスなどにに対してかなり安定して受けだすことができることです。

さまざまなポケモンに対して後出しすることができるので、とりあえず先発以外で選出しておいて初手で不利対面を取ったときの交代先やとんぼがえりの引き先などクッションとして使っていくのが強いでしょう。

きのみの発動回数もかなり多く、役割集中による崩しをされにくい点も非常に優秀です。

 

技については、ミミッキュやカプ・テテフに対する役割遂行のためのヘビーボンバー、はがねタイプへの打点のかえんほうしゃ、安定択のやどりぎのタネはぜひ入れておきたい技で、あと一枠は何かと便利な守る、もしくはみがわり羽休めボーマンダにある程度強くなるどくどくがオススメです。

 

でんきタイプや炎タイプには弱いので裏にはそれらに強いポケモンを用意してサイクルを回すといいでしょう。

また半分回復きのみの特性上、50%以上かつ75%未満の攻撃を受けると2発で倒されてしまうので、うまくやどりぎのタネなどでごまかしていきましょう。

与えるダメージ

ヘビーボンバー

・HP164防御188ミミッキュ(ABミミッキュ)→88.7%〜104.6%: 乱数1発 (25%)


・無振りアーゴヨン→60.8%〜71.6%


・無振りカプ・テテフ→120%〜142%


・HP252カプ・レヒレ→34.4%〜41.2%


・HP4メガボーマンダ→32.1%〜38.5%


・HP252メガゲンガー→50.2%〜59.2%

かえんほうしゃ

・無振りメガメタグロス→38.7%〜46.4%


・HP252テッカグヤ→32.3%〜38.2%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→27.5%〜33.5%


・無振りメガルカリオ→60.6%〜71.7%


・HP252ナットレイ→ 64%〜77.3%


・無振りパルシェン→48%〜56.8%


・HP252クチート→43.3%〜52.2%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのつるぎのまい+Zシャドークロー→78.4%〜92.6%


・攻撃252メガギャラドスの1舞たきのぼり→44.6%〜52.9%


・攻撃252ようきメガメタグロスのかみなりパンチ→47%〜55.8%


・攻撃特化のメガボーマンダのすてみタックル→27.9%〜32.8%


・攻撃252ようきメガルカリオのインファイト→56.8%〜67.6%

特殊方面

・特攻252おくびょうアーゴヨンのだいもんじ→54.9%〜65.6%


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→28.4%〜33.8%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下10万ボルト→83.3%〜100%: 乱数1発 (6.3%)


・特攻252おくびょうゲッコウガの激流Zハイドロカノン→97.5%〜115.1%:乱数1発 (87.5%)


・特攻252カプ・レヒレのZハイドロポンプ→62.2%〜74%


・特攻特化ギルガルドのシャドーボール→37.2%〜44.6%


・特攻無振りメガゲンガーのシャドーボール→32.3%〜38.2%


・無振りヒードランのふんえん 50.9%〜61.7%


・特攻特化アシレーヌのわだつみのシンフォニア→79.4%〜94.1%

相性のいいポケモン


ほのお、でんきタイプに強いガブリアスウツロイドと相性がいいです。

参考:メタグロスに強めなイカサマスカーフウツロイドの調整・対策

ガブリアス+テッカグヤにゲンガーを添えたゲンガブカグヤやウツロカグヤは7世代において強力な並びでもあります。

対策ポケモン

テッカグヤは基本的に上から殴ることのできるほのおタイプやでんきタイプで対策が可能です。

また、この型のテッカグヤに焦点をあわせるのであれば、あえて攻撃せずに積むことできのみを発動させずに突破できます。

例)ミミッキュでつるぎのまいを2積みしてZシャドークローを撃つ。

きのみを持ったテッカグヤはたべのこし並みの個体数がいるので、安易に発動させないようにきのみを考慮した立ち回りをしましょう。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ