今回は、スカーフウルガモスの調整・対策を考察していきます。

スカーフウルガモスは蝶の舞という技の存在で、相手に悠長な行動をさせず奇襲がかなり成功しやすいです。

それでは見ていきましょう!

基本情報

名前:ウルガモス

タイプ:ほのお・むし

特性:ほのおのからだ むしのしらせ

種族値: 85-60-65-135-105-100

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

スカーフウルガモスの型紹介

技候補

オーバーヒート・ほのおのまい・むしのさざめき・めざめるパワー岩

持ち物

こだわりスカーフ

性格

ひかえめ

特性

ほのおのからだ

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→4-0-0-252-0-252

実数値→161-×-85-205-125-152

調整意図

攻撃を被弾しにくい型であること、カプ・コケコやメガゲンガーをオーバーヒートで一撃で落とせる確率を高めるためにひかえめ特攻252、すばやさ252。

残りをHPに4振りました。

採用理由

・初手の奇襲性能
・みがわり対策

役割対象


カプ・コケコやメガゲンガー、ゲッコウガなどの初手に出てくる高速ポケモン

運用方法・特徴

スカーフウルガモスは、初手の奇襲ででオーバーヒートをして、カプ・コケコやメガゲンガーを倒したり、むしのさざめきをしてゲッコウガを倒すことが重要な役割です。

メガゲンガーは耐久に努力値を振られていたら一撃で倒すのは厳しいですが、カプ・コケコや、ゲッコウガは一撃で倒して3対2の状況を作ることができます。

しかし、オーバーヒートをうった後のこだわっているウルガモスは絶好の積みの起点であるので、ストッパーであるミミッキュやたすきポケモンを裏に添えておきましょう。

 

また、むしのさざめきがあるので、みがわりを利用した戦術、特にオニゴーリに対してかなり強くなります。

激流水Zゲッコウガのみがわりを貫通するのもかなり強いです。

参考:流行の激流ミズZゲッコウガの調整・対策

 

めざめるパワー岩は主にリザードンYやヒートロトム対策ですが、かなり打つ機会が多く役立ちます。

ほのおのまいは命中安定や、耐久ポケモンを無理やり突破できる、終盤の抜きエースになれるのでスカーフウルガモスには必須です。

与えるダメージ

オーバーヒート

・HP252ランドロス→ 77%〜90.8%


・HP252カバルドン→75.8%〜89.7%


・無振りカプ・テテフ→76.5%〜91%


・無振りカプ・コケコ→109.6%〜128.9%


・HP4霊獣ボルトロス→97.4%〜114.8%: 乱数1発 (81.3%)


・HP252テッカグヤ→ 121.5%〜144.1%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→105.3%〜125.7%


・無振りメガゲンガー→96.2%〜114%: 乱数1発 (81.3%)


・HP252メガゲンガー→77.8%〜92.2%


・HP4メガガルーラ→ 69.6%〜81.7%

ほのおのまい

・HP4ミミッキュ→57.2%〜67.1%


・HP252カバルドン→47.4%〜55.8%


・無振りメガメタグロス→92.9%〜109.6%


・HP252ポリゴン2→28.1%〜33.3%


・HP4霊獣ボルトロス→60%〜71.6%


・HP252テッカグヤ→74.5%〜89.2%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→65.8%〜79%


・無振りメガルカリオ→142%〜169.6%


・HP252ナットレイ→152.4%〜181.2%


・HP252クチート→103.1%〜122.2%

むしのさざめき

・無振りゲッコウガ→156.4%〜185%

めざめるパワー岩

・無振りメガリザードンX→58.8%〜69.2%


・HP252メガリザードンY→75.6%〜90.8%


・HP4ギャラドス→45.6%〜54.9%


・HP4メガボーマンダ→50.2%〜59.6%


・無振りヒートロトム→59.2%〜70.4%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→60.8%〜72%


・攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブ→115.5%〜136%


・攻撃252ようきメガメタグロスのじしん→ 54%〜63.9%


・攻撃252ようきメガルカリオのしんそく→43.4%〜51.5%


・攻撃特化メガクチートのふいうち→66.4%〜78.2%

特殊方面

・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→97.5%〜115.5%: 乱数1発 (81.3%)


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→76.3%〜90%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下Z10万ボルト→108%〜127.3%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下10万ボルト→55.9%〜65.8%


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→56.5%〜67%

相性のいいポケモン


オーバーヒートをうった後に、積みの起点にされてもストッパーになるミミッキュや、たすき持ちのポケモン、とくにキノガッサと相性が良いです。

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

キノガッサは見せあいの時点での圧力がすさまじく、初手のカプ・コケコを強烈に誘ってくれます。

対策ポケモン


ヒードランメガリザードンギャラドスメガボーマンダなどで対策可能です。

しかし型を読み間違えれば、ノーマルZやヒコウZ、めざめるパワー地面で返り討ちにされることもあるので注意しましょう。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ