今回は、雨パのエースメガラグラージの調整・対策を考察していきます。

雨パは最近かなり増えてきている構築なので、そのエースであるメガラグラージには注目です。

それでは見ていきましょう!



基本情報


名前:ラグラージ

タイプ:みず・じめん

特性:げきりゅう しめりけ すいすい

種族値(メガ前): 100-110-90-85-90-60

種族値(メガ後): 100-150-110-95-110-70

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

メガラグラージの型紹介

じしん・たきのぼり・れいとうパンチ・いわなだれ

持ち物

メガストーン

性格

いじっぱり

特性

すいすい

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→76-244-4-0-12-164

実数値→185-221-131-×-132-111

調整意図

防御面→攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム+かげうち確定耐え。

すばやさ→準速スカーフカプ・テテフ抜き

特防>防御でダウンロード対策

攻撃→余り

採用理由

・雨パのエース

運用方法・特徴

雨パの絶対的エースであるメガラグラージ。

雨下の抜き性能はかなりのものですが、抜きエースの天敵となるのはやはりミミッキュです。

ミミッキュにぽかぼかフレンドタイム+かげうちで無理やり突破されることはよくあることなので、それが起きないようにミミッキュのぽかボカフレンドタイム+かげうち確定耐えまで耐久に努力値を振りました。



また、いわなだれを採用しているため、HBメガリザードンYにも強く出られるのが特徴です。

参考:HBメガリザードンYの調整・対策

※雨下のメガラグラージとメガ前のリザードンYが対面したら、リザードンがメガ進化したとしてもそのターンに先に行動するのはメガラグラージです。



メガラグラージは一発は耐えることのできる耐久も持っているので、対面性能はかなり高いですが、雨ターンの管理には注意しましょう。

与えるダメージ

たきのぼり(雨補正有り)

・HP4ミミッキュ→116.7%〜137.4%


・HP164防御188ミミッキュ(ABミミッキュ)→81.4%〜96%


・いかく込み防御特化ランドロス→67.3%〜79.5%


・無振りメガリザードンX→75.1%〜88.8%


・防御特化カバルドン(雨補正なし砂状態)→50.2%〜59.5%


・無振りカプ・テテフ→110.3%〜130.3%


・防御特化ポリゴン2→34.3%〜40.6%


・HP4霊獣ボルトロス→ 108.3%〜127.7%


・HP252テッカグヤ→60.2%〜71%


・HP4メガガルーラ→70.1%〜82.8%

じしん

・HP4メガギャラドス→56.7%〜67.2%


・無振りメガメタグロス→96.7%〜113.5%: 乱数1発 (75%)


・無振りゲッコウガ→ 97.9%〜116.3%: 乱数1発 (93.8%)


・HP252カプ・レヒレ→52.5%〜62.7%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→ 89.8%〜105.3%


・HP252メガゲンガー→150.8%〜177.2%


・HP252ナットレイ→46.4%〜54.6%


・いかく込みHP252メガクチート→73.8%〜87.8%

れいとうパンチ

・いかく込HP4メガボーマンダ→65.4%〜79.5%


・無振りキノガッサ→93.3%〜111.1%: 乱数1発 (62.5%)


・無振りガブリアス→120.2%〜142%

いわなだれ

・無振りメガリザードンX→62.7%〜74.5%


・HP252防御116メガリザードンY121%〜142.7%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→68.6%〜81.6%


・攻撃特化ミミッキュのかげうち→14.5%〜17.8%


・攻撃特化メガリザードンXのげきりん→ 72.9%〜85.9%


・攻撃特化メガギャラドスの1舞たきのぼり(雨下)→86.4%〜102.7%: 乱数1発 (18.8%)


・攻撃特化メガバシャーモのとびひざげり→70.2%〜83.2%


・攻撃252ようきメガメタグロスのじしん→ 30.8%〜36.7%


・攻撃特化のメガボーマンダのすてみタックル→72.9%〜85.9%


・攻撃252ようきメガルカリオのインファイト→73.5%〜87.5%


・攻撃特化メガクチートのじゃれつく→71.8%〜84.8%


・攻撃特化メガガルーラのすてみタックル→67.6%~81.5%

特殊方面

・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→81%〜95.6%


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→63.2%〜74.5%


・特攻特化カプ・レヒレのハイドロポンプZ(雨下)→103.7%〜122.1%

相性のいいポケモン


雨降らしのニョロトノ、ペリッパーとは言うまでもなく相性がよく、このメガラグラージが苦手なポケモンの多くに強く出られるメガボーマンダとかなり相性がいいです。

参考:アタッカーのミズZニョロトノの単体考察

参考:HDメガボーマンダの調整・対策

雨選出ができそうであればメガラグラージ、無理そうならメガボーマンダという選出をすると強いです。

対策ポケモン


キノガッサ、ナットレイ、フシギバナなどの草タイプにはめっぽう弱いです。

参考:後出しに便利な半分回復きのみナットレイの調整・対策

ただ、ばかぢから持ちのものもいれば、たきのぼりで無理やりひるませて突破してくるものなどもいるので注意したいです。



メガシンカしている状態のメガリザードンYも天候を変えられるのでかなり対策として優秀ですが、相手よりも先にメガシンカをしておくことを心がけましょう。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ