今回の記事では、でんこうせっかを搭載したメガハッサムの調整・対策を考察していきます。

でんこうせっかを搭載したメガハッサムは、ステルスロックさえ撒いてしまえばほのおタイプでとまらないため抜き性能がかなり高いです。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ハッサム

タイプ:むし・はがね

特性:むしのしらせ テクニシャン ライトメタル→テクニシャン

種族値(メガ前): 70-130-100-55-80-65

種族値(メガ後): 70-150-140-65-100-75

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

でんこうせっか搭載メガハッサムの型紹介

技候補

でんこうせっか・バレットパンチ・つるぎのまい・どろぼう

持ち物

メガストーン

性格

いじっぱり

特性

テクニシャン

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→220-252-4-0-252-28

実数値→172-222-161-×-121-99

調整意図

攻撃→メガリザードンをステロ込みでつるぎのまいでんこせっかで落とせる確率を上げるために、252振り

すばやさ→無振りヒードラン抜き抜き

耐久→残りの努力値をもっとも耐久が高くなるように分配

採用理由

・積みエース
・リザードン、ボルトロスに強い
・ミミッキュで止まらない

役割対象


リザードン ウルガモス 霊獣ボルトロスなどのバレットパンチが通らないポケモン

運用方法・特徴

でんこうせっかを搭載したメガハッサムは、ステルスロックを撒いておけばメガリザードンやウルガモスで止まらないのが特徴です。

つるぎのまい+でんこうせっか+ステルスロックでメガリザードンがXでもYでも落とせる可能性が非常に高いです。

参考:メガリザードンXとYの見分け方を一緒にいるポケモンから考察

メガバシャーモにもかなりの負担を与えることができるのも魅力です。

 

また、高い防御や、はがねタイプであることからミミッキュも起点にできるのがかなり強いです。

ステルスロック+つるぎのまい+バレットパンチもかなりの抜き性能で、今流行りのアーゴヨンやカプ・コケコ、メガゲンガーなどの高速アタッカーにもかなり強くなれます。

 

バレットパンチやでんこうせっかの効かないメガメタグロスやギルガルドにもどろぼうで負担をかけることができます。

先制技の特性上、トリックルーム軸にもかなり強いですが、ほのおのきば持ちのメガクチートなどには注意が必要です。

与えるダメージ

バレットパンチ

・HP4ミミッキュ→ 116%〜137.4%


・HP164防御188ミミッキュ(ABミミッキュ)→80.7%〜96.6%


・無振りアーゴヨン→55.4%〜65.5%


・無振りカプ・コケコ→49.6%〜58.6%: 乱数2発 (99.61%)


・HP252カプ・レヒレ→32.2%〜37.8%


・無振りキノガッサ→56.2%〜66.6%


・無振りメガゲンガー→56.2%〜66.6%


・HP252メガゲンガー→ 45.5%〜53.8%

でんこうせっか(攻撃2段階上昇で計算)

・無振りメガリザードンX→50.3%〜59.4%


・HP252防御116メガリザードンY→48.1%〜56.7%


・HP4ウルガモス→73.2%〜86.3%


・無振りメガバシャーモ→ 65.1%〜76.7%


・HP4霊獣ボルトロス→72.2%〜85.1%

どろぼう

・無振りカプ・テテフ→54.4%〜64.8%


・無振りメガメタグロス→58%〜68.3%


・HP252ヒードラン→30.3%〜35.8%


・HP252ギルガルド→53.8%〜63.4%


・HP252メガゲンガー→89.8%〜106.5%: 乱数1発 (37.5%)

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのZシャドークロー→43.9%〜52.6%


・攻撃特化ランドロスのじしん→43.9%〜52.6%


・攻撃252メガギャラドスの1舞たきのぼり→50.2%〜59.5%


・攻撃252ようきメガメタグロスのじしん→ 26.5%〜31.7%


・攻撃特化のメガボーマンダのすてみタックル→63%〜75.1%


・攻撃252ようきメガルカリオのインファイト→64.7%〜76.3%


・攻撃特化メガバンギラスの1舞ストーンエッジ→ 72.8%〜85.5%

特殊方面

・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→36.4%〜43.3%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下Z10万ボルト→104%〜123.1%


・特攻252おくびょうゲッコウガのZハイドロカノン→83.2%〜98.8%


・特攻特化ギルガルドのZシャドーボール→95.9%〜113.2%: 乱数1発 (75%)


・無振りメガゲンガーのシャドーボール→ 41.6%〜49.1%


・特攻特化アシレーヌのわだつみのシンフォニア→102.8%〜121.3%

相性のいいポケモン


ステルスロックが使えて、カバルドンなどの物理受けをだいばくはつで削ることができるタスキ霊獣ランドロスと相性が良いです。

積み構築の霊獣ランドロス+アーゴヨン+メガハッサムという並びはよく見る並びですね。

対策ポケモン


基本的に積まれる前に対処したいですが、つるぎのまいを積まれても安定して倒せるのはほのお技を搭載した特殊メガボーマンダや、ハッサムからの有効打のないヒードラン、イカサマを搭載したポリゴン2などで対策できます。

参考:特殊受けたべのこしヒードランの調整・対策

ただし、ヒードランはばかぢから持ちのメガハッサムには警戒したいです。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ