今回は、マゴのみなどの半分回復きのみのウルガモスの調整・対策を考察していきます。

ウルガモスは種族値が高い分、調整次第でいろいろな技を耐えられるようになる優秀なポケモンです。

それでは見ていきましょう!



基本情報


名前:ウルガモス

タイプ:むし・ほのお

特性:ほのおのからだ むしのしらせ

種族値: 85-60-65-135-105-100

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

マゴのみウルガモスの型紹介

技候補

だいもんじ・サイコキネシス(鬼火)・ちょうのまい・はねやすめ

持ち物

マゴのみ

性格

ひかえめ

特性

ほのおのからだ

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→180-0-172-32-4-116

実数値→183-×-107-176-126-135

調整意図

防御耐久→ミミッキュのつるぎのまい+ぽかぼかフレンドタイムほぼ耐え。

特防耐久→アーゴヨンのZりゅうせいぐんほぼ耐え。

すばやさ→最速70族抜き

特攻→残り(H4振りミミッキュを1舞大文字で確定1発)

採用理由

・起点にできる範囲の広い積みアタッカー
・ミミッキュで止まりにくい積みアタッカー
・意外性のある持ち物

役割対象


ミミッキュ アーゴヨン その他の特殊アタッカー

参考:予想外の耐久のHDアーゴヨンの調整・対策

運用方法・特徴

マゴのみなどの半分回復きのみを持っているウルガモスは、ミミッキュに強いこと、対特殊アタッカーでの積み性能がかなり高いことが特徴です。

ミミッキュのつるぎのまい+ぽかぼかフレンドタイムをほぼ耐え&きのみ発動で、ゴーストZでなければミミッキュを起点にできます。

 

特殊アタッカーの代名詞であるアーゴヨンのZりゅうせいぐんもほぼ耐えてきのみが発動するのでちょうのまいの積みの起点にできます。

ちょうのまい+はねやすめ+きのみのおかげで、かなり広い範囲の特殊アタッカーを無理やり積みの起点にして、突破できるのが強みです。

 

また、きのみやほのおのからだ、防御面に努力値を割いていることから、メガガルーラなど余り起点にしにくい物理アタッカーも起点にできます。

メガバシャーモのフレアドライブを耐えて、サイコキネシスで返り討ちにできるのもかなり強いですね。

メガギャラドスや、メガリザードン、メガボーマンダなど、一部のポケモンにはめっぽう弱いので注意したいですが、ノーマルZやヒコウZのウルガモスを警戒してくれるも多く意外と動きやすいです。

 

鬼火を入れると更に対物理アタッカーで安定感が増すので、サイコキネシスと選択でおにびを採用してもいいでしょう。

特にゴーストZミミッキュにも強くなるのがいいですね。

与えるダメージ

特攻1段階上昇大文字

・HP4ミミッキュ100.7%〜119%


・HP164ミミッキュ(ABミミッキュ)→87.4%〜103.3%: 乱数1発 (18.8%)


・HP252霊獣ランドロス→ 83.1%〜98.4%


・HP252カバルドン→82.7%〜97.6%


・無振りカプ・テテフ→83.4%〜99.3%


・無振りカプ・コケコ→118.6%〜140.6%


・HP252ポリゴン2→ 50%〜59.3%


・HP4霊獣ボルトロス→105.1%〜124.5%


・特防特化テッカグヤ→132.3%〜156.8%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→116.1%〜137.7%


・無振りメガガルーラ→75.5%〜90%

特攻1段階上昇サイコキネシス

・無振りアーゴヨン129.7%〜154%


・無振りメガバシャーモ→116.1%〜136.7%


・HP252カプ・レヒレ→33.8%〜40.1%


・無振りメガゲンガー→115.5%〜136.2%


・HP252メガゲンガー→ 93.4%〜110.1%: 乱数1発 (56.3%)

サイコキネシス

・無振りメガバシャーモ→77.4%〜91.6%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのつるぎのまい+ぽかぼかフレンドタイム→85.2%〜100%: 乱数1発 (6.3%)


・攻撃特化ミミッキュのZシャドークロー→62.8%〜74.3%


・攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブ→80.3%〜95%


・特攻特化カプ・テテフのサイコショック→69.3%〜81.9%


・攻撃252ようきメガメタグロスのじしん→ 38.2%〜45.3%

特殊方面

※特攻上昇無しで計算しています。

・特攻252メガリザードンYのひでり下だいもんじ→85.7%〜101.6%: 乱数1発 (12.5%)


・特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→85.2%〜100.5%: 乱数1発 (6.3%)


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→66.1%〜78.6%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下Z10万ボルト→93.9%〜111.4%: 乱数1発 (68.8%)


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下10万ボルト→49.1%〜57.9%


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→49.1%〜57.9%


・特攻特化ウルガモスのだいもんじ→55.7%〜65.5%

相性のいいポケモン


このウルガモスは起点にできる範囲はかなり広いですが、メガギャラドス、メガリザードンX、メガボーマンダなど勝てない相手も多いので、これらのポケモンに強く、ウルガモスが起点にされても対処できるABミミッキュと相性が良いでしょう。

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

ただ、アイアンヘッドのメガギャラドスや、おにびもちメガリザードンXには注意です。

参考:アイアンヘッドメガギャラドスの単体考察

参考:鬼火メガリザードンXの調整・対策

対策ポケモン


上記でも述べましたが、メガギャラドスメガリザードンXメガボーマンダなどで対策が可能です。

ただ、中にはめざ氷持ちのものや、ノーマルZ、ヒコウZのものもかなり多いので、全ての型のウルガモスには強いとは言えなさそうです。

いわ技を持ったスカーフゲッコウガなら、どの型のウルガモスも安定して対策できそうです。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ