今回は、ミミッキュの中でもメジャーな型、ABミミッキュの調整・対策を考察をしていきます。

ABミミッキュはミミッキュの中でもかなり多い調整で、耐久がおもっている以上に高いので注意が必要です。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ミミッキュ

タイプ:フェアリー・ゴースト

特性:ばけのかわ

種族値: 55-90-80-50-105-96

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

ABミミッキュの型紹介

技候補

じゃれつく・かげうち・つるぎのまい・のろい

持ち物

ミミッキュZ

性格

いじっぱり

特性

ばけのかわ

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→164-156-188-0-0-0

実数値→151-143-124-×-125-116

調整意図

防御面→攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブほぼ耐え

特防面→特攻特化カプ・テテフのフィールド下サイコキネシス確定耐え

特防>防御でダウンロード対策。

採用理由

・超高性能ストッパー
・つるぎのまい+Z技による崩し
・のろいによるギミック対策

役割対象


メガバシャーモ メガボーマンダ メガギャラドスなどの物理アタッカー

参考:HDメガボーマンダの調整・対策

運用方法・特徴

このABミミッキュの特徴は、ストッパー性能がかなり高いことです。

メガバシャーモのフレアドライブであったり、攻撃特化メガボーマンダのおんがえしをほぼ耐えるので、後出しから対処が可能です。

カプ・テテフもこだわりメガネでなければだいたい後出しから対処可能です。

参考:メガネカプ・テテフの調整・対策



そして、メガギャラドスのりゅうのまいたきのぼりを耐えるのがかなり強いです。

ばけのかわを貫通されても耐えるので、アイアンヘッドの無いギャラドスでは、このミミッキュの対策は難しいです。

参考:アイアンヘッドメガギャラドスの単体考察



また、耐久が普通のミミッキュよりもかなり高いので、無理やりつるぎのまいを積むことのできるタイミングがかなり多いです。

メガリザードンXも攻撃特化でなければ、つるぎのまい→ぽかぼかフレンドタイムで突破できるのが強く、突破したあとも攻撃2段階上昇ミミッキュが場にいるので、かげうちでかなり削ることができます。

また、のろいを持っているのでオニゴーリなどのギミックを対策できるのもかなり評価が高いです。

与えるダメージ

ぽかぼかフレンドタイム

・HP4ミミッキュ→116.7%〜138.1%


・ABミミッキュ→82.1%〜97.3%


・いかく込み防御特化霊獣ランドロス→33.6%〜39.7%


・HP4メガリザードンX→ 77.1%〜90.8%


・HP252カプ・テテフ→90.3%〜107.3%: 乱数1発 (50%)


・いかく込みHP4メガギャラドス→ 92.3%〜109.9%: 乱数1発 (50%)


・無振りカプ・コケコ→100%〜118.6%


・無振りメガバシャーモ→98.7%〜116.7%: 乱数1発 (93.8%)


・防御特化ポリゴン2→ 34.8%〜41.1%


・無振りゲッコウガ(抜群ではない状態)→119.7%〜142.8%


・HP252カプ・レヒレ→ 64.4%〜76.2%


・いかく込みHP4メガボーマンダ→78.3%〜94.7%


・HP4メガガルーラ→70.1%〜83.4%

攻撃2段階上昇ぽかぼかフレンドタイム

・いかく込み防御特化霊獣ランドロス→75%〜88.7%


・HP252メガリザードンX→ 115.1%〜136.2%


・防御特化カバルドン→ 75.8%〜89.7%


・防御特化ポリゴン2→68.7%〜81.2%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→89.4%〜105.9%: 乱数1発 (37.5%)


・攻撃特化ミミッキュのシャドークロー→67.5%〜79.4%


・攻撃特化霊獣ランドロスのじしん→65.5%〜77.4%


・攻撃特化メガリザードンXのフレアドライブ→94%〜111.2%: 乱数1発 (62.5%)


・攻撃特化メガギャラドスの1舞たきのぼり→82.1%〜97.3%


・攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブ→84.1%〜100%: 乱数1発 (6.3%)


・攻撃252ようきメガメタグロスのバレットパンチ→ 63.5%〜75.4%


・攻撃特化のメガボーマンダのすてみタックル→94%〜111.2%: 乱数1発 (62.5%)


・攻撃特化のメガボーマンダのおんがえし→79.4%〜94%


・攻撃特化メガクチートのじゃれつく→93.3%〜109.9%: 乱数1発 (62.5%)

特殊方面

・特攻252おくびょうアーゴヨンのヘドロウェーブ→50.3%〜60.2%


・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→81.4%〜96%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下Z10万ボルト→115.2%〜135.7%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下10万ボルト→59.6%〜70.1%


・特攻特化ゲッコウガのZハイドロカノン→101.3%〜119.8%


・特攻特化カプ・レヒレのZハイドロポンプ→ 89.4%〜105.2%: 乱数1発 (31.3%)


・無振りメガゲンガーのシャドーボール→91.3%〜108.6%: 乱数1発 (50%)

相性のいいポケモン


はがねタイプには強くないポケモンなので、はがねタイプに強いメガリザードンやメガバシャーモと相性がいいでしょう。

また、対面性能の高いポケモンなので、対面構築に入る、ほのおのパンチを持ったメガガルーラとも相性がいいです。

参考:サンムーンのグロウパンチメガガルーラの調整・対策

対策


このABミミッキュの調整はかなりギリギリな調整なので、ステルスロックを撒いて置くことで相手のミミッキュの調整を崩すことができます。

また、アイアンヘッドメガギャラドスがこのABミミッキュの対策としてかなり優秀です。

アイアンヘッドメガギャラドスの単体考察



後攻とんぼ返りからもうまく対処することができます。

参考:後攻とんぼ返りによるミミッキュの対策を考察

ABミミッキュはASミミッキュ並みに多い型なので、しっかり対策しておきたいです。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ