今回は、ほろびのうたメガゲンガーの調整・対策を考察していきます。

ほろびのうたメガゲンガーのポテンシャルはかなり高く上位構築で頻繁に見られるポケモンなので、しっかり考察していきます。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ゲンガー

タイプ:ゴースト・どく

特性:のろわれボディ(メガ前)→かげふみ(メガ後)

種族値(メガ前): 60-65-60-130-75-110

種族値(メガ後): 60-65-80-170-95-130

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

ほろびのうたメガゲンガーの型紹介

技候補

シャドーボール・ほろびのうた・まもる・みちづれ

持ち物

メガストーン

性格

おくびょう

特性

かげふみ

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→188-0-0-0-68-252

実数値→159-×-100-190-124-200

調整意図

特攻無振りメガゲンガーのシャドーボール高乱数耐え。

メガゲンガーミラーはかなり頻繁に起きるので、ミラーに勝てる確率を上げるためにこの調整となっています。

採用理由

・きついポケモンをごまかす
・耐久ポケモン潰し

役割対象


ドヒドイデやラッキーなどの受けポケモン。

運用方法・特徴

ほろびのうたメガゲンガーの特徴は、高いごまかし性能にあります。

※ごまかし性能とは、構築のきついポケモンを無理やり処理する性能のことです。

 

このメガゲンガーは攻撃を一発耐えることさえできれば、特性かげふみ+ほろびのうた&まもる&みちづれで、かなりのポケモンと1:1交換をできます。

一発で倒されるときでも、攻撃をよんでみちづれをすれば1:1交換が可能です。

 

また、ドヒドイデやラッキーといった、火力はないけどどくどくで削ってくるポケモンをかげふみ+ほろびのうたで倒すのはこのポケモンにしかできない重要な役割です。

まずゲンガーを初手に出して「まもる」を選択してメガシンカしたあと、とんぼがえり持ちのポケモンなどに交代し、そのポケモンのとんぼがえりから受けポケモンに対してメガゲンガーを出す動きがかなり強いです。

特攻の種族値も190と高いので、高いすばやさとあわせて普通に攻撃していっても強力です。

与えるダメージ

シャドーボール

・HP4ミミッキュ→105.3%〜125.1%


・HP164ミミッキュ(ABミミッキュ)→91.3%〜108.6%: 乱数1発 (50%)


・HP4アーゴヨン→62.4%〜73.1%


・無振りカプ・テテフ→88.2%〜104.8%: 乱数1発 (25%)


・無振りメガメタグロス→86.4%〜101.9%: 乱数1発 (12.5%)


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→61%〜73%


・無振りメガゲンガー→ 112.5%〜133.3%

・HP252メガゲンガー→ 91%〜107.7%: 乱数1発 (43.8%)

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのかげうち→45.2%〜54%: 乱数2発 (34%)


・無振りグライオンの地震→ 83%〜98.1%


・無振りカバルドンの地震→95.5%〜113.2%


・攻撃252メガメタグロスの地震→ 93%〜110.6%: 乱数1発 (62.5%)


・無振りナットレイのジャイロボール→61%〜72.3%


・無振りテッカグヤのヘビーボンバー→51.5%〜61%


・無振りギルガルドのかげうち→49%〜57.8%: 乱数2発 (89.5%)


・攻撃44バンギラスの成功おいうち→91.8%〜109.4%

特殊方面

・無振りメガゲンガーのシャドーボール→ 86.7%〜103.1%: 乱数1発 (12.5%)


・無振りドヒドイデのねっとう→16.9%〜20.7%


・無振りポリゴン2のれいとうビーム→21.3%〜25.7%


・特攻特化ポリゴン2のシャドーボール→ 52.8%〜62.8%


・無振りヒードランのだいちのちから→51.5%〜61.6%

相性のいいポケモン


ゴーストタイプと相性がよく、耐久もあってメガゲンガーからの交代がしやすいポリゴン2や、まもるを持っているのでほろびのうたと相性のいいグライオン、とんぼがえりでメガゲンガーのサポートをできる霊獣ランドロス、タイプ的に相性がよくスカーフカプ・テテフなどに強いゲッコウガなどと相性がいいです。

参考:ミミッキュに後出しできるイアのみわんぱくランドロスの調整・対策

ゲンガー+グライオン+ポリゴン2の並びは対戦でもよくみる並びですね。

対策ポケモン


メガゲンガーはメガシンカをしただけでアドが取れると言われるほど強力で、なんの被害もなく突破するのはかなり難しいですが、メガゲンガーの最初のまもるやほろびのうたに合わせて積み技を積めるポケモンであれば完璧ではありませんが対策できます。

なのでウルガモスメガボーマンダメガリザードンXなどでうまく倒すことができるでしょう。

参考:マゴのみウルガモスの調整・対策

参考:HDメガボーマンダの調整・対策

 

メガゲンガーは守るがあることなどからかなり器用に動けるポケモンですので、スカーフカプ・テテフなどもまもるでスカーフを確認されて悪タイプに交換されるので対策とはいいにくいですね。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ