今回は、幻のポケモン「ゼラオラ」がもしレート対戦で使えるなら、どんな型になるのか育成論を考察してみました。

ゼラオラはまだゲットできませんが、2018年か2019年の映画などで配信されることが予想されます。

マーシャドーのときのようにゼラオラが使える大会などもあるかもしれませんので、しっかり考察していきます。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:ゼラオラ

タイプ:でんき

特性:ちくでん

種族値: 88-112-75-102-80-143

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

ゼラオラの型紹介

技候補

プラズマフィスト・インファイト・ねこだまし・ビルドアップ

プラズマフィストとは?

プラズマフィストはゼラオラの専用技です。

効果は、ノーマルタイプの技をでんきタイプに変えるというものです。

使用後にゼラオラの使うノーマルタイプの技がでんきタイプになるということだと思われます。

持ち物

デンキZ

性格

ようき

特性

ちくでん

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→0-252-4-0-0-252

実数値→163-164-96-×-100-214

採用理由

・高速高火力
・ねこだましによるタスキつぶし
・ビルドアップによる抜きエース。

運用方法・特徴

このゼラオラというポケモンの強い点は何と言ってもその高いすばやさです。

種族値143というのは、カプ・コケコやメガゲンガー、メガミミロップなども抜き去る速さなので相当はやいです。

また、ねこだましを覚えるので、高いすばやさからねこだましができるため、ねこだまし持ちからのねこだましを防ぐ事ができます。

 

しかし、ダメージ計算を見ていただければわかりますが、ゼラオラは火力が全然足りません。

Zクリスタルを持たせても火力は足りませんね。

 

そこで、考えたのがビルドアップを積んで、無理やり火力をあげようというものです。

これにより、メガガルーラやメガメタグロス、メガハッサムなどの物理アタッカーにかなり強くなるので、ビルドアップはぜひゼラオラにいれたい技のひとつですね。

与えるダメージ

プラズマフィストZ

・ABミミッキュ(HP164B188)→89.4%〜105.2%: 乱数1発 (31.3%)


・無振りカプ・コケコ(フィールド込み)→81.3%〜96.5%


・無振りカプ・テテフ→120.6%〜142.7%


・HP252カプ・レヒレ→140.1%〜166.1%


・いかく込無振りメガボーマンダ→44.1%〜51.7%


・HP252メガゲンガー→99.4%〜117.3%: 乱数1発 (93.8%)


・HP252ギルガルド→59.2%〜70%


・無振りメガメタグロス→63.8%〜75.4%


・HP252ヒードラン→67.1%〜79.2%


・無振りメガガルーラ→77.2%〜91.6%


・無振りメガハッサム→ 59.3%〜70%

プラズマフィストZ(攻撃1段階上昇)

・無振りメガメタグロス→94.8%〜112.2%: 乱数1発 (68.8%)


・HP252ヒードラン→100%〜118.1%


・無振りメガガルーラ→115.5%〜136.6%


・無振りメガハッサム→ 88.1%〜103.9%: 乱数1発 (31.3%)

インファイト

・無振りマンムー→80%〜95.1%


・無振りドリュウズ→100.5%〜118.9%


・無振りメガバンギラス→100.5%〜118.8%

相性のいいポケモン


特性が蓄電であるので、ゼラオラの弱点のカバーもできるテッカグヤとは相性が良さそうです。

参考:クッションとして優秀な腕白きのみテッカグヤの調整・対策

メガバシャーモなどには両方共弱いので注意ですね。

対策ポケモン


スカーフカプ・テテフスカーフガブリアスなど、ゼラオラよりも速いポケモンで容易に対策できそうです。

地面タイプも基本的にゼラオラに強そうですね。

ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ