今回の記事では、タスキアシレーヌについて考察していきます。

アシレーヌといえば、わだつみのシンフォニアで高火力を押し付ける型が主流ですが、このタスキアシレーヌもかなり強い型であるので、頭に入れておきましょう。

それでは見ていきましょう!

基本情報

【名前】
アシレーヌ

【タイプ】
みず・フェアリー

【特性】
げきりゅう

【種族値】
HP  80
攻撃 74
防御 74
特攻 126
特防 116
素早さ 60

タスキアシレーヌの型紹介

【技候補】
うたかたのアリア・ムーンフォース・めざめるパワー炎・アクアジェット

【持ち物】
きあいのタスキ

【性格】
うっかりや

【特性】
げきりゅう

【努力値&実数値】
※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→0-4-0-252-0-252

実数値→155-95-94-195-122-112



【調整意図】
きあいのタスキを持っていることから、耐久に努力値を振る必要がないので、特攻とすばやさに全振りです。



すばやさを252振りすれば、すばやさ無振り霊獣ランドロスまで抜くことができます。



【採用理由】
・高い対面性能
・意表を突く



【運用方法・特徴】
このタスキアシレーヌの特徴は何と言っても高い対面性能です。



アシレーヌといえば、アシレーヌZのイメージがかなり強く、超高火力によってかなり相手の行動を制限することができます。



一度でも行動させてしまうと高火力を押し付けられるため、対策としては、アシレーヌの上から一撃で倒すという対策が主流です。



そのイメージ、対策を逆手に取って、タスキをもたせ、げきりゅう+うたかたのアリア+アクアジェットなどで、かなり対面性能を上げた型になっています。



デンキZカプ・コケコなんかも完璧に役割対象なので、かなり強いです。



タスキを持たせているおかげで、すばやさにも努力値を回せるため、実数値を112まで上げることができます。



予想外の速さのアシレーヌなので、相手のプランを崩すことが可能です。



特に無振り霊獣ランドロスを抜くことができるのはかなりおいしいです。



ポリゴン2などの高耐久ポケモンには弱いので、注意が必要ですが、アンコールを持っている型も多くいるので、相手も安易に受け出しはできないはずです。



対面構築の初手として、無類の強さを発揮するのでぜひ使ってみましょう。

対メジャーポケモン

霊獣ランドロス→うたかたのアリアで勝ち

無振りリザードンY→げきりゅう補正うたかたのアリア+アクアジェットで101.8%~120.2%

カプ・コケコ→げきりゅう補正うたかたのアリア+アクアジェットで勝ち

メガバシャーモ→うたかたのアリアで勝ち

カバルドン→うたかたのアリア2発で勝ち

ゲッコウガ→ダストシュートを耐えてうたかたのアリアで110.2%〜130.6%

霊獣ボルトロス→げきりゅう補正うたかたのアリア+アクアジェットで勝ち

ヒードラン→うたかたのアリアで勝ち

ナットレイ→タネマシンガンの回数次第でめざパ炎で勝ち

メガゲンガー→げきりゅう補正うたかたのアリア+アクアジェットで勝ち

メガルカリオ→コメットパンチを耐えてげきりゅう補正うたかたのアリアで勝ち

ドリュウズ→うたかたのアリアで勝ち

ガブリアス→ムーンフォースで勝ち

メガクチート→ふいうち択に勝てれば勝ち

バンギラス→ムーンフォース2発で勝ち

マンムー→うたかたのアリア+アクアジェットで勝ち

対策ポケモン

ねこだましを持っているメガガルーラや、ミミッキュキノガッサがかなりの天敵です。

これらのポケモンは対面構築でかなりメジャーなポケモンであるので、そういった構築と対戦するときには注意が必要です。