今回は、デンキZデンジュモクの単体考察をしていきます。

デンジュモクといえば、エスパーZの型が有名ですが、いまから紹介する型も、かなりのポテンシャルを持っているので、要注意です。

それでは見ていきましょう!

基本情報

【名前】
デンジュモク

【タイプ】
でんき

【特性】
ビーストブースト

【種族値】
HP  83
攻撃 89
防御 71
特攻 173
特防 71
素早さ 83

デンキZデンジュモクの型紹介

【技候補】
10万ボルト・めざめるパワー氷・みがわり・ほたるび

【持ち物】
デンキZ

【性格】
ひかえめ

【特性】
ビーストブースト

【努力値&実数値】
※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→228-0-20-52-36-172

実数値→187-×-94-220-96-125

【調整意図】
すばやさを最速テッカグヤ抜きまで振り、耐久は特攻特化テテフのフィールド下サイコキネシスほぼ耐え、最速メガメタグロスの地震ほぼ耐えまで振りました。



【採用理由】
・高い対面性能
・ほたるびによる崩し性能



【役割対象】

ラッキー、モロバレルなどの受けポケモン



【運用方法・特徴】
このデンジュモクの大きな役割は受けループを崩すことです。



グライオンや、ドヒドイデ、エアームドに後出しして、ほたるびを積み、出てきたラッキーのどくどくを身代わりで透かしてデンキZでラッキーを突破します。



ラッキーが突破されたあとの受けループではこのデンジュモクを止められるポケモンは残っていないので、かなり受けループに対しての勝率が高くなります。



また、耐久もそこそこあるため、対面性能もかなり高いのが特徴です。



メガメタグロスや、カプ・テテフに対して対面で勝てる可能性はかなり高いですし、デンジュモクよりも遅いポケモンにたいしてはとてつもなく強くなります。



身代わりを持っているので、ギルガルドに強くなることや、テッカグヤ対面で身代わりを残せる可能性があることが強みでもあります。

ダメージ計算

与えるダメージ

10万ボルトZ

HP164ミミッキュ(ABミミッキュ)→115.2%〜135.7%

無振りカプ・テテフ→110.3%〜131%

HP252カプ・テテフ→90.3%〜107.3%: 乱数1発 (50%)

無振りメガメタグロス→ 108.3%〜127.7%

HP252ポリゴン2→66.1%〜78.1%

HP252ギルガルド(シールドフォルム)→76%〜90.4%

HP252メガゲンガー→113.1%〜133.5%

特防特化ヒードラン→ 63.6%〜74.7%

HP252メガガルーラ→85.3%〜100.9%: 乱数1発 (6.3%)

HP252クチート→120.3%〜142%

10万ボルトZ(特攻3段階上昇)

BDラッキー→64.7%〜76.4%

特防特化ヒードラン→158%〜186.3%

HP252ナットレイ→109.9%〜129.2%

10万ボルトZ(特攻6段階上昇)

BDラッキー→113.5%〜133.8%

受けるダメージ

物理方面


攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→95.1%〜112.2%: 乱数1発 (68.8%)

ようきメガギャラドスの1舞たきのぼり→80.2%〜94.6%

ようきメガギャラドスのじしん→88.7%〜104.8%: 乱数1発 (31.3%)

攻撃特化メガバシャーモのとびひざげり→96.7%〜114.4%: 乱数1発 (81.3%)

攻撃252ようきメガメタグロスのじしん→84.4%〜100.5%: 乱数1発 (6.3%)

特殊方面

特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→85%〜100%: 乱数1発 (6.3%)

特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→68.9%〜81.8%

対策ポケモン


上から攻撃できて、一撃で倒すことのできる、メガバシャーモメガリザードンメガルカリオなどで対策が可能です。



生半可な地面タイプでは、ほたるび+めざめるパワー氷で倒されるので注意が必要です。