今回は、半分回復きのみ持ちの化身ボルトロスを単体考察をしていきます。

化身ボルトロスは、第6世代ではかなり多かったポケモンですので、ポテンシャルはかなり高いです。

それでは見ていきましょう!

基本情報

【名前】
ボルトロス(けしんフォルム)

【タイプ】
でんき・ひこう

【特性】
いたずらごころ

【種族値】
HP  79
攻撃 115
防御 70
特攻 125
特防 80
素早さ 111

半分回復きのみ化身ボルトロスの型紹介

【技候補】
10万ボルト めざめるパワー氷 わるだくみ みがわり

【持ち物】
半分回復きのみ

【性格】
ひかえめ

【特性】
いたずらごころ

【努力値&実数値】
※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→236-0-196-20-4-52

実数値→184-×-115-162-101-138

【調整意図】
耐久面は攻撃特化メガボーマンダのすてみタックル2発耐えや、みがわりがテッカグヤのヘビーボンバーやエアスラッシュを耐えるぐらいまで振り、すばやさはこのあたりは激戦区なので138まで振りました。

【採用理由】
・相手のサイクル積んで無理やり崩す
・対補助技

【役割対象】



ポリゴン2、テッカグヤ、ナットレイ、モロバレル、ボーマンダ、グライオン、霊獣ランドロスなどのサイクル構築でよく見られるポケモン。

【運用方法・特徴】
この化身ボルトロスの役割は、相手のサイクルを崩すことに有ります。

ポリゴン2やテッカグヤ、ナットレイ、モロバレル、ボーマンダ、グライオン、ヒードラン、ランドロスといったサイクル構築においてかなり多く見られるポケモンを役割対象としています。

相手の耐久ポケモンやこだわりスカーフのポケモンを悪だくみの起点にして、崩していきます。

どくどくなどに対してはみがわりを貼っていきましょう。

持ち物がイアのみであるので、HPを管理することも可能です。

霊獣ボルトロスとの違いは



・いたずらごころにより身代わりを先制でうてる
→これのメリットはメガゲンガーからの催眠術を防ぐことや、ゲッコウガなどすばやさの速いポケモンと対面した時、様子見のみがわりを打てること、トリックルーム下や雨下でも先制で身代わりをうってターンを消費したりできます。また、のろいミミッキュなどから繋いで、身代わりでターンを稼ぐこともできます。

・すばやさが速い
→霊獣ボルトロスがこのラインまですばやさを振るとかなり耐久面が心配になりますが、化身ボルトロスはほとんどすばやさに振ることなく、138というすばやさの激戦区を少し抜かせる数値にできます。

・ちくでんをトレースされない
→この型と同じ型を霊獣ボルトロスがした場合、本来役割対象であるポリゴン2に何もできず負けてしまいます。

・型が読まれにくい
→霊獣ボルトロスト違い、そこまで環境に多くいるポケモンではないので、型を読まれにくいです。特に、崩しの役割であるとはバレにくいです。

このように、化身ボルトロスもかなり強いポケモンですので、霊獣ボルトロスだけではなく、化身ボルトロスもしっかり警戒していきましょう。

ダメージ計算

与えるダメージ

※特攻2段階上昇で考えています。(無上昇はこのダメージの半分と考えてください)

10万ボルト

HP252ポリゴン2→50%〜59.3%

特防特化ヒードラン→32.3%〜38.3%

特防特化テッカグヤ→97%〜114.7%: 乱数1発 (81.3%)

めざめるパワー氷

HP212メガボーマンダ→91.3%〜107.6%: 乱数1発 (37.5%)

HP244特防252しんちょうグライオン→79.5%〜95%

HP252ランドロス→102%〜120.4%

HP252モロバレル→45.2%〜53.3%

受けるダメージ

物理方面

攻撃特化ランドロスのがんせきふうじ→46.7%〜55.4%

攻撃特化のメガボーマンダのすてみタックル→41.3%〜48.9%

イカサマ(ボルトロスの攻撃個体値が0の場合)→18.4%〜22.2%

無振りナットレイのジャイロボール→ 22.8%〜27.1%

無振りテッカグヤのヘビーボンバー→19.5%〜22.8%

特殊方面

特攻252おくびょうゲッコウガのれいとうビーム→84.7%〜101%: 乱数1発 (6.3%)

無振りモロバレルのクリアスモッグ→16.3%〜19.5%

無振りアナライズポリゴン2のれいとうビーム→59.7%〜70.6%

無振りヒードランのふんえん→36.4%〜44%

特攻特化テッカグヤのエアスラッシュ→19.5%〜23.3%

相性のいいポケモン

回してみましたところ、のろいミミッキュとかなり相性がいいです。

先発でミミッキュで一体倒したあと、のろいで退場して、このボルトロスにつなげるという動きがかなり強いです。

呪いと身代わりとねこだましでターンを稼ぐ構築として、ミミッキュやガルーラなどと組んでも面白いでしょう。

対策ポケモン

メガリザードンXなどの電気半減または無効で、めざめるパワー氷も抜群を取れないポケモンや、スカーフカプ・テテフなどの化身ボルトロスの上から叩けるポケモンで対策可能です。