今回は、きあいのタスキゲンガーの単体考察をしていきます。

たすきゲンガーはタイマン性能が高く、意表もつけるので、かなり強いポケモンであるといえます。

無対策だと、確実に一匹以上もっていかれるので、警戒必須です。

それでは見ていきましょう!

基本情報

【名前】
ゲンガー

【タイプ】
どく・ゴースト

【特性】
のろわれボディ

【種族値】
HP  60
攻撃 65
防御 60
特攻 130
特防 75
素早さ 110

型紹介

【技候補】
シャドーボール・こごえるかぜ・ヘドロばくだん・きあいだま

【持ち物】
きあいのタスキ

【性格】
ひかえめorおくびょう

今回はひかえめで考察していきます。

【特性】
のろわれボディ

【努力値】
特攻252 特防4 すばやさ252

【運用方法】
このゲンガーはタイマン性能最強レベルのたすき枠です。

主に初手で出していき一匹倒して、出てきたポケモンはこごえるかぜで起点になることを阻止できます。

広い技範囲の攻撃を上から2発打てる上、抜かれている低耐久ポケモンには凍える風から入ることでほぼ殴り勝つことができます。

きあいのタスキのゲンガーの割合は一定数いるので、無警戒とはいかないですが、意表をつけることがかなり多いので、有利に立ち回ることができます。

また、のろわれボディが活躍することもかなりあります。

ミミッキュのかげうちにのろわれボディ発動でタイマンで勝つことも可能になります。

次の項目で見ていきますが、メジャーポケモンにかなり強く、出し負けがあまり起こらないので、安心して初手で出していける対戦が多いです。

対メジャーポケモン

対ミミッキュ
負け(相手がつるぎのまいから入ってきた場合、こごえるかぜ+シャドーボールで勝ち)

対ランドロス
こごえるかぜ+こごえるかぜで勝ち

対メガリザードンX
負けることが多い

ニトロチャージがない場合は勝てることもよくある

対メガリザードンY
負け

ニトロチャージがない場合は勝てることもある

対メガギャラドス
メガならヘドロばくだん+きあいだまで、メガじゃないならヘドロばくだん+ヘドロばくだんで勝ち

対カプ・テテフ
こごえるかぜ+ヘドロばくだんで勝ち

対バシャーモ
ヘドロばくだん+フレアドライブの反動でほぼ勝ち

対カバルドン
負け

対カプ・コケコ
ヘドロばくだんで勝ち

対アーゴヨン
こごえるかぜ+こごえるかぜで勝ち

対メガメタグロス
バレットパンチの有無、相手の調整次第

バレットパンチを持っていない場合はこごえるかぜ+シャドーボールでほぼ勝ち

対ゲッコウガ
ほぼ負け(相手が悪タイプのときにきあいだまを当てれると勝ち)

対ポリゴン2
ほぼ負け

対カプ・レヒレ
ヘドロばくだん+シャドーボールなどで勝ち

対霊獣ボルトロス
こごえるかぜ+ヘドロばくだんで勝ち

対メガボーマンダ
こごえるかぜ+こごえるかぜで勝ち

対メガルカリオ
きあいだまで勝ち

対ヒードラン
きあいだま+シャドーボールorきあいだま+きあいだまで勝ち

しかし、きあいだまの命中率を考えると五分と言えるでしょう

対メガゲンガー
こごえるかぜ+シャドーボールで勝ち

対キノガッサ
相手が身代わりを警戒して岩石封じから入ってきた場合はこごえるかぜ+ヘドロばくだんで勝ち

対ドリュウズ
きあいだまで勝ち

対バンギラス
調整次第だがきあいだまでほぼ勝ち

対マンムー
タスキの場合じしん+つぶてで負け

対メガガルーラ
調整次第(無振りの場合きあいだまで勝ち)

対ナットレイ
きあいだま+きあいだまorシャドーボールで勝ち

相性のいいポケモン

 
このゲンガーはかなりタイマン性能が高いですが、タイマンで負けることもあります。しかしそういう場合でもほとんどが、相手のHPをほとんど削った状態で倒されるので、裏に先制技を覚えるポケモンを置くと、削りきれなかったHPを削りきれるので相性がいいです。

そのなかでもタイマン性能の高いミミッキュや、ポリゴン2につよいメガルカリオなどと相性がいいでしょう。

このポケモンが有利を取れるポケモン

カプ・コケコキノガッサアーゴヨンなど初手で出てくるポケモンに強いです。

対策ポケモン

ゲッコウガミミッキュカバルドンなどは初手で出ていきやすく、出し勝つこともできるので対策になります。


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ