今回はポケモンバンクが解禁されたS2からS6のレーティング対戦において、1位~10位の構築に入っていたポケモンの数を数えました。

意外な結果も出ているので、ぜひ最上位勢がどのようなポケモンを使っているのか見ていきましょう。

それでは結果を紹介していきます。

結果

【使用数18】
ミミッキュ

【使用数16】
ボーマンダ

【使用数13】
カバルドン

【使用数9】
メタグロス・テッカグヤ・ギルガルド・ゲッコウガ・霊獣ボルトロス・ポリゴン2

【使用数8】
カプ・テテフ・ゲンガー・カプ・コケコ

【使用数7】
霊獣ランドロス・リザードン・グライオン・ガルーラ

【使用数6】
ヒードラン

【使用数4】
スイクン・マンムー・クレセリア・ギャラドス

【使用数3】
シャンデラ・アシレーヌ・カプ・レヒレ・エアームドー・バシャーモ

【使用数2】
パルシェン・バンギラス・ウツロイド・ウルガモス・ガブリアス・ドヒドイデ・サザンドラ・カビゴン・水ロトム

【使用数1】
ハピナス・ナットレイ・ドリュウズ・フシギバナ・ニャオニクス・化身ボルトロス・ラッキー・ヌメルゴン・ヌケニン・ヤミラミ・オニゴーリ・キノガッサ・モロバレル・ミミロップ・デンジュモク

注目すべきポイント① 炎タイプ

まず、注目すべきは、優秀なポケモンの多い炎タイプについてです。

炎タイプはリザードン、バシャーモ、ウルガモス、ヒードラン、ヒートロトムなどかなり優秀なポケモンがいますが、その中で結局どのポケモンが最上位構築で使われているのでしょうか。

 

順位でいいますと、1位 リザードン(使用数7) 2位 ヒードラン(使用数6)、3位タイ シャンデラバシャーモ(使用数3) 5位 ウルガモス(使用数2)となっています。

個人的にはバシャーモはもう少し高いと思っていましたが、この結果になりました。やはりこのサイクルが強い環境ではバシャーモはきついのかもしれませんね。

 

また、シャンデラが入っているのも意外でした。バシャーモに強いことや、ゴースト技の通りの良さが評価されているのでしょうか。

参考:HBメガリザードンYの調整・対策

参考:特殊受けたべのこしヒードランの調整・対策

参考:マゴのみウルガモスの調整・対策

注目すべきポイント② 電気タイプ

電気タイプのポケモンの使用率を見てみると、1位 霊獣ボルトロス(使用数9) 2位 カプ・コケコ(使用数8)、3位 水ロトム(使用数2) 4位タイ 化身ボルトロスデンジュモクとなっていて、霊獣ボルトロスとカプ・コケコが圧倒的に他よりも採用されています

霊獣ボルトロスが多いのは、地面タイプのポケモンに弱くないことが大きな要因であると思います。

参考:耐久調整をした電気Z霊獣ボルトロスの調整・対策

注目すべきポイント③ 電気無効ポケモン

電気技無効ポケモンについて見ていくと1位 カバルドン(使用数13) 2位 霊獣ボルトロス(使用数9)、3位タイ ランドロスグライオン(使用数7)、5位 マンムー(使用率4)となっていて、かなり多い印象を受けます。

構築にほぼ確実に1体は入っているのでしょう。

パーティー作成について

ポケモン対戦は、やはり強いポケモンを使えば、強い構築になることが多いです。特に、軸となるポケモンは汎用性が高く、ポテンシャルのあるポケモンであると、非常に良い構築になります。

 

今回の結果から、最上位構築で使われているポケモンが分かりました。

最上位構築で使われているということはやはり強いポケモンであるということですので、積極的に構築に入れるようにしていくと、より強い構築に仕上がるかと思います。

 

S7のポケモンも同じように調査しました↓
レート対戦S7の1位~50位の構築で使われていたポケモンを調査!


ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ