今回の記事では耐久調整アーゴヨンをご紹介していきます。

レート対戦で、アーゴヨンを使っていて、「自ら積めるぐらいの耐久調整を施せばつよくないか?」とよく感じました。

そこで、今回は自ら耐久調整をして、起点にできる範囲を広げたアーゴヨンを紹介したいと思います。

アーゴヨン耐久調整案

【性格】
おくびょう

【努力値と実数値】
※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→196-0-0-52-4-252

実数値→173-0-94-154-94-190

【調整意図】
HP→ヒードランの特化だいちのちからを確定耐えまで振りました。これだけ振ればかなり起点にできる範囲が広がります。

すばやさ→最速メガボーマンダを抜くために、最速。

特防→ダウンロード対策

特攻→残り

ダメージ計算

与えるダメージ

Zりゅうせいぐん

※特攻2段階上昇で計算しています。

H252ポリゴン2→102%〜120.8%

特防特化霊獣ランドロス→119.3%〜140.8%

特防特化カバルドン→115.8%〜136.7%

H252クレセリア→99.5%〜117.6%: 乱数1発 (93.8%)

受けるダメージ

物理方面

攻撃特化メガバシャーモのとびひざげり→53.1%〜62.4%

攻撃252ようきメガメタグロスのアイアンヘッド→71.6%〜84.9%

攻撃252ようきメガメタグロスのれいとうパンチ→ 91.3%〜107.5%: 乱数1発 (43.8%)

攻撃特化ナットレイのジャイロボール→83.8%〜99.4%

攻撃特化マリルリのじゃれつく+アクアジェット→86.6%~102.8%(高乱数で耐える)

攻撃無振りカバルドンのじしん→ 93.6%〜110.9%

特殊方面

ひでり下メガリザードンYの攻撃下降ニトロチャージ+特攻特化だいもんじ→80.8%~95.9%

特攻特化カプ・テテフのムーンフォース→65.8%〜78%

特攻252おくびょうカプ・コケコのマジカルシャイン→41.6%〜49.1%

特攻特化カプ・レヒレのムーンフォース→53.7%〜63%

特攻特化霊獣ボルトロスのZ10万ボルト→ 65.3%〜76.8%

特攻252おくびょうメガルカリオのラスターカノン+しんくうは→89.5%~105.6%

特攻252おくびょうメガゲンガーのシャドーボール→62.4%〜73.4%

特攻特化ポリゴン2のれいとうビーム→71.6%〜85.5%

特攻特化ヒードランのだいちのちから→84.3%〜99.4%

広がった起点にできる範囲


ダメージ計算からわかるように、メガリザードンYナットレイカプ・コケコポリゴン2など安全に悪だくみを積む機会がかなり増えます。


マリルリや、特殊型メガルカリオメガメタグロスなども、こちらに有利な乱数ですので状況に応じて積みに行くことが可能です。


また、アーゴヨン対策として優秀なヒードランですが、後出しされるタイミングで悪だくみを積み、だいちのちからのタイミングでも積んで、特攻4上昇ドラゴンZで突破することが可能です。(悪だくみ2積みからのドラゴンZでHP252ヒードラン確定1発)

かなり起点にできる範囲が広がり、崩し性能も上がりました。