今回は、USUMで強化されたポケモン、イカサマZフェローチェの単体考察をしていきます。

フェローチェは、ギルガルドを出しておけば止まるポケモンでしたが、今作でイカサマを習得して、ギルガルドですら一撃で倒せるようになったため、かなり止まりにくくなったといえます。

それでは見ていきましょう!

基本情報

【名前】
フェローチェ

【タイプ】
むし・かくとう

【特性】
ビーストブースト

【種族値】
HP  71
攻撃 137
防御 37
特攻 137
特防 37
素早さ 151

型紹介

【技候補】
イカサマ・とびひざげり・とんぼがえり・れいとうビーム

【持ち物】
アクZ

【性格】
いじっぱり

【特性】
ビーストブースト

【努力値】
攻撃252 特防4 すばやさ252

【調整意図】
ギルガルドへの負担を最大にするために、攻撃特化。

そして、130族抜きまですばやさを振ると、特攻にほとんど努力値を回せないため、いっそすばやさにも全振り。

残りはダウンロード対策で特防に4振りました。

【運用方法】
主に受けに来たギルガルドや、皮のないミミッキュ、メガメタグロス・メガゲンガー・カプ・テテフをアクZで一撃で倒すための型。



上記のポケモンを、アクZで倒せたなら、ビーストブーストで攻撃が上がります。さらに、フェローチェを止める役割を持ったポケモンはもう残っていない事が多いので、かなり止められにくくなります。



ステルスロックを撒いておくと、ギルガルドが確定一発になるなど、かなり抜き性能が上がるため、初手でステルスロックを撒けつつ、相手のHPをかなり削れるポケモンと組ませるといいでしょう。



また、この型のフェローチェはカプ・コケコやカプ・レヒレ、アシレーヌなどには有効打を持たないため、とんぼがえりで逃げるようにしましょう。

ダメージ計算

与えるダメージ

【イカサマZ】

HP252ギルガルド(シールドフォルム)→95.8%〜113.7%

HP4ミミッキュ→103.8%〜122.9%

HP164防御188ミミッキュ(ABミミッキュ)→ 72.8%〜86%

HP4カプ・テテフ→97.9%〜115.7%: 乱数1発 (87.5%)

HP4メガメタグロス→102.5%〜121.7%

HP252メガゲンガー→162.8%〜192.8%

【とびひざげり】

HP4メガリザードンX→75.9%〜89.6%

防御特化カバルドン→ 38.1%〜45.1%

HP4メガバシャーモ→98%〜115.3%: 乱数1発 (87.5%)

防御特化ポリゴン2→ 68.7%〜81.2%

防御特化テッカグヤ→44.1%〜51.9%

防御特化ナットレイ→83.9%〜99.4%

HP4ガブリアス→71.7%〜84.7%

HP4パルシェン→120.6%〜144.4%

いかく込みHP252メガクチート→44.5%〜53.5%

【れいとうビーム】

特防特化ランドロス→75.5%〜89.7%

HP4メガボーマンダ→114.6%〜135.6%

HP4霊獣ボルトロス→69.6%〜82.5%

HP4ガブリアス→110.8%〜132.6%

受けるダメージ

【物理方面】

攻撃特化ミミッキュのかげうち→ 43.1%〜51.3%

攻撃特化ランドロスのじしん→ 72.6%〜86.3%

攻撃252ようきメガルカリオのしんそく→71.2%〜84.2%

攻撃特化メガガルーラのねこだまし→60.2%~72.5%

相性のいいポケモン

 
初手でステルスロックを撒けて、相手のポケモンをかなり削れるポケモンとして、ガマゲロゲがいます。

ガマゲロゲはステルスロックを覚えるほか、がむしゃらで相手をフェローチェの圏内に入れたり、がんせきふうじで起点回避など、かなり相方として優秀です。

ゲロゲローチェという並びは上位構築で見られた並びでもあるため、ぜひ使っていきましょう。

【名前】
ガマゲロゲ

【技候補】
ステルスロック・がむしゃら・がんせきふうじ・じしん

【持ち物】
きあいのタスキ

【性格】
ようき

【特性】
ちょすい

【努力値】
攻撃252 特防4 すばやさ252

このポケモンが有利を取れるポケモン

特筆すべきは、ギルガルドメガメタグロスメガゲンガーに強く出られます。

対策ポケモン

この型だけでなく、すべての型のフェローチェを完璧に止めることができるポケモンはかなり少なくなりましたが、ドヒドイデならそこそこ安定して受けることができそうです。