今回は、USUMで強化されたポケモン、オニシズクモの単体考察をしていきます。

技スペースが余りがちなオニシズクモでしたが、優秀な補助技であるねばねばネットを覚えたため、柔軟な動きが可能になりました。

それでは見ていきましょう!

基本情報


名前:オニシズクモ

タイプ:みず・むし

特性:すいほう・ちょすい

種族値:68-70-92-50-132-42

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

型紹介

技候補

ねばねばネット・アクアブレイク・とびかかる・ミラーコート

持ち物

ミズZ

性格

いじっぱり

特性

すいほう

努力値&実数値

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

努力値→252-252-0-0-4-0

実数値→175-134-112-×-153-62

役割対象

カプ・コケコやゲッコウガ、ゲンガーなどすばやさが速いために強く、かつねばねばネットを踏むポケモン。

運用方法

トリックルーム下で持ち前のパワーを活かしてあばれるのもよし、有利対面をとって相手の交代の隙にねばねばネットをまいて裏のポケモンをサポートするのもよしとかなり柔軟な動き方をすることが可能です。

またトリックルームが切れるタイミングでねばねばネットをまいていくというおしゃれな戦い方も可能です。

オニシズクモ自体は相手がねばねばネットを踏んだとしても、抜ける相手は少ないため注意が必要です。



もともとすいほうという特性があるため、水技はかなりの威力が出ます。

本当に火力が高いのでタイプ相性的に不利な相手でも、ミズZを使えばかなり削ることが可能です。



また特殊耐久がかなり高いため、相手が電気タイプであったとしても一発耐えることが多く対面で返り討ちにすることができます。

ミラーコートはこちらから打点がないカプ・レヒレやアシレーヌ、アーゴヨンなどに撃ちましょう。

与えるダメージ

アクアブレイクZ

HP164防御188ミミッキュ(ABミミッキュ)→129.1%〜152.9%


HP4メガリザードンX→120.7%〜142.2%


日照り下HP252防御100メガリザードンY→116.7%〜137.2%


HP4アーゴヨン→86.5%〜102.6%(18.8%で一撃)


HP252カプ・テテフ→144%〜169.4%


HP4メガメタグロス→91%〜107.6%(50%で一撃)


防御特化ポリゴン2→53.6%〜64%


HP4ゲッコウガ→ 93.2%〜110.1%回(62.5%で一撃)


HP252カプ・レヒレ→50.2%〜59.3%


防御特化テッカグヤ→69.6%〜82.3%


HP252ギルガルド(シールドフォルム)→85%〜100.5%(6.3%で一撃)


HP252メガゲンガー→144.3%〜170.6%


HP4ガブリアス→114.6%〜135.3%


HP252メガガルーラ→ 95.2%〜112.2%(68.8%で一撃)


いかく込みHP252クチート→70.7%〜84%

受けるダメージ

物理方面

攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→85.7%〜101.1%(6.3%で一撃)


攻撃無振りランドロスのがんせきふうじ→38.8%〜45.7%


攻撃特化メガバシャーモのかみなりパンチ→67.4%〜80%


攻撃特化メガリザードンXのげきりん→89.7%〜106.2%(37.5%で一撃)


攻撃特化メガガルーラのすてみタックル→84.5%~99.9%


攻撃特化メガクチートのじゃれつく→89.1%〜105.1%(31.3%で一撃)


攻撃252ようきメガメタグロスのかみなりパンチ→74.2%〜88%

特殊方面

特攻特化カプ・テテフのサイコ・フィールド下サイコキネシス→57.1%〜67.4%


特攻252メガゲンガーのヘドロばくだん→42.8%〜50.2%


特攻252おくびょうアーゴヨンのZりゅうせいぐん→73.7%〜87.4%


特攻特化ギルガルドのZシャドーボール→75.4%〜89.1%


特攻特化霊獣ボルトロスの10万ボルト→82.2%〜97.1%


特攻252おくびょうカプコケコのエレキフィールド下10万ボルト→83.4%〜99.4%


特攻特化メガリザードンYのエアスラッシュ→75.4%〜89.1%

相性のいいポケモン

 

ねばねばネット込みで相手の上を取れ、全抜きも可能なポケモンと相性が良いです。

さらにねばねばネットを踏まないかつ素早さの早いメガボーマンダやリザードン、霊獣ボルトロスなどに強いポケモンが良いでしょう。



ここまでを踏まえると、ミミッキュと相性が良いといえます。

参考:ストッパー性能を高めたABミミッキュの調整・対策

ミミッキュであるならば、トリックルームも使えるため相手に合わせた動きが可能になりそうです。

つるぎのまいを積めば、とめられることはほとんどないでしょう。



ねばねばネットのある分、ある程度素早さを落とすこともできるため、耐久に努力値を回すこともできます。

実質素早さ1段階上昇のミミッキュで暴れましょう。

対策ポケモン

ねばねばネットにも引っかからず、オニシズクモを一撃で倒せるポケモンデンキZ霊獣ボルトロスやメガボーマンダが対策としてよいでしょう。

参考:HDメガボーマンダの調整・対策

電気Zではないボルトロスだと返り討ちに合うので注意しましょう。

ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ