今回はUSUMで強化されたポケモン、はらだいこしんそくマッスグマの調整・対策を考察していきます。

マッスグマは今作でしんそくとはらだいこの両立が可能になり、唯一無二の抜き性能を手に入れました。

それでは見ていきましょう!

基本情報

名前:マッスグマ

タイプ:ノーマル

特性:ものひろい・くいしんぼう・はやあし

種族値: 78-70-61-50-61-100

※左からHP-攻撃-防御-特攻-特防-すばやさとなっています。

型紹介

技候補

はらだいこ・しんそく・じごくづき・すてみタックル

持ち物

半分回復きのみ

性格

いじっぱり

特性

くいしんぼう

努力値

HP244(あえて偶数にしてはらだいこで確実にきのみを消費) 攻撃252 特防12(ダウンロード対策)

運用方法・特徴

このマッスグマはどこかではらだいこを積んで、攻撃6段階上昇、優先度+2、タイプ一致のしんそくを撃って抜いていく型です。

しんそくの通らない相手にはじごくづきが通るので、ギルガルドでも止まらないためかなり厄介です。

 

はらだいこをうつと半分体力が消費されるため、自動的に半分回復木の実が発動します。

そのためはらだいこを使ってから攻撃を受けようが、はらだいこを使う前に攻撃を受けようが、体力満タンの状態から攻撃を一発耐えるだけの耐久力があれば積むことは可能となります。

 

とは言っても一撃を耐えられる耐久力はないので、パーティーでサポートしてあげましょう。

またカプ・テテフなど天敵もいっぱいいるので、はがねタイプなどの他のポケモンでカバーしたいです。

与えるダメージ

※はらだいこ後で計算しています。

しんそく

・いかく込み防御特化霊獣ランドロス→68.8%〜81.6%


・無振りメガリザードンX→121.5%〜143.1%


・HP252防御116メガリザードンY→115.1%〜136.2%


・防御特化カバルドン→60%〜71.1%


・いかく込みHP4メガギャラドス→88.3%〜104%: 乱数1発 (31.3%)


・防御特化ポリゴン2→53.6%〜64%
<hr
・HP252カプ・レヒレ→100.5%〜119.2%


・いかく込HP4メガボーマンダ→83%〜98.2%

じごくづき

・HP4ミミッキュ→122.9%〜145%


・HP164防御188ミミッキュ(ABミミッキュ)→86%〜101.9%: 乱数1発 (12.5%)


・無振りメガメタグロス→122.5%〜144.5%


・HP252ギルガルド(シールドフォルム)→113.7%〜134.1%

すてみタックル

・いかく込み防御特化霊獣ランドロス→104%〜122.4%


・防御特化カバルドン→90.6%〜106.5%


・防御特化ポリゴン2→80.2%〜95.3%

受けるダメージ

物理方面

・攻撃特化ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム→112.5%〜132.6%


・攻撃無振り霊獣ランドロスのじしん→62.5%〜73.9%


・攻撃252ようきメガメタグロスのアイアンヘッド→78.2%〜91.8%


・攻撃特化のメガボーマンダのおんがえし→100%〜117.9%


・攻撃特化テクニシャンキノガッサのマッハパンチ→91.3%〜108.6%: 乱数1発 (50%)

特殊方面

・特攻特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス→100%〜117.9%


・特攻252おくびょうカプ・コケコのエレキフィールド下10万ボルト→73.3%〜86.4%


・特攻252おくびょうメガゲンガーのヘドロばくだん→ 73.3%〜86.9%


・無振りヒードランのふんえん44.5%〜52.7%

相性のいいポケモン

先述したように、カプ・テテフに強いというのは必須条件です。また、鋼タイプにも強い必要があるのでヒードランと相性がいいでしょう。

参考:特殊受けたべのこしヒードランの調整・対策

ヒードランだけではサポートしにくい場合はカプ・コケコなどの壁貼り要員や、ランドロスボーマンダなどの威嚇要員とともに使ってあげましょう。

参考:ミミッキュに後出しできるイアのみわんぱくランドロスの調整・対策

参考:HDメガボーマンダの調整・対策

対策ポケモン

カプ・テテフのサイコフィールドによる対策、メガゲンガーミミッキュなど神速の通らないポケモンで上から攻撃などで容易に対策できます。

ただしそれらのポケモンを誘われているかもしれないということに注意しましょう。

ポケモン対戦の考察・育成論の記事のまとめはこちら!

メジャーポケモン考察・育成論まとめ
マイナーポケモン考察・育成論まとめ
レート環境調査・考察まとめ
知っておきたいポケモン知識まとめ